カテゴリ
最新のトラックバック
<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
江戸切子教室の生徒さんたち
 昨日で

 スクールの授業が開講して

 約1カ月でした。

 江戸切子教室というと、ご年配の方が多そうなイメージがありますが

 うちの教室は平均年齢がかなり若い。

 一番したの生徒さんはなんと、昨日話していて

 「平成元年生まれ」ということがわかりびっくり。

 (「平成」って小渕さんが掲げたのって知ってる?と聞いたら
 「知りません」・・・とのお答えで、
 生まれていなかったかもしれないんだよなあと、
 別の生徒さんと話していました)

 少人数制ということもあり、生徒さん同士も、お話しながら、
かなり和やかな雰囲気で

 この1カ月進めることができ

 これから先も、このアットホームな雰囲気のままで続けたいと思っています。

 
f0088709_10142275.jpg
f0088709_10154324.jpg

by littlehanashyo | 2011-02-26 10:15 | 江戸切子
NIPPON MONO ICHIのときのブース
 先週の国際フォーラムでの

 NIPPON MONO ICHIでのブースはこんな感じでした。

 ワールドビジネスサテライトにも出演させていただき

 白と黒の米つなぎのぐいのみでグランプリもいただき

 本当に良い機会となりました。

 そのあと

 twitterでも「おめでとう」のつぶやきがたくさんあって

 江戸切子を身近に感じていただくことができたように思っています。

 今、日本はすごーい雑貨っぽいものか

 伝統を重んじすぎる工芸品

 しかなくて、その2つのカテゴリーではなくて

 とにかく面白いもの・感動できるものをつくりたいと私たちは思っています。

 なかなか理解されないことも多くありましたが

 今回の展示会では共感してくださる方にたくさん巡り合えて

 それが何よりも収穫でした。

 伝統工芸

 江戸切子

 という見方だけでなく

 華硝の取り組み

 としてこれからもいろいろな発信をしていきたいと思っています。

 
f0088709_11283152.jpg
f0088709_11293039.jpg

by littlehanashyo | 2011-02-25 11:29 | 江戸切子
コラボの意味
 先週のワールドビジネスサテライトでご紹介いただきました

 高岡銅器と江戸切子のらんぷ

 有田焼と江戸切子のらんぷ

 といった職人コラボですが、

 何のためにしているか・・・といえば、

 誰も見たことのない面白いものをつくるため(お客様を面白がらせる)

 職人同士が互いの技術を切磋琢磨するため(負けない!というモチベーション)

 そして何よりも

 新しいことにチャレンジできる職人たちがいるということ

 を伝えたいということを目的としています。

 伝統工芸というと、

 昔のものをそのまま継承することがメインとなりがちですが、

 それも一つであり、

 今だからできるものづくり

 をしていく必要性もあります。

 テレビで私も意見を言わせていただきましたが、

 ネットなど自由に情報交換ができる時代だからこそできるものづくりをしたい

 と。

 それの一つが

 職人コラボという形であると。

 そのように思っているからです。

 今はランプだけですがこれからはいろいろなコラボ作品をつくっていきたいと計画中です。

 詳しいHPはこちらです。

 コラボHP
by littlehanashyo | 2011-02-23 12:07 | 江戸切子
グランプリの写真
 第6回 NIPPON MONO ICHI のグランプリになったお話を前回しましたが

 その時の様子が展示会のブログに掲載されておりましたので

 HP

 まさかグランプリになるとは思っていなかったので何も用意していなかったんですよね。

 ということで開催事務局ブログでまずはご覧いただければと思います。

 応援してくださった皆様に感謝致します。
by littlehanashyo | 2011-02-22 11:09 | 江戸切子
NIPPON MONO ICHI終了
 たった今ですが

 NIPPON MONO ICHI展示会終了しました。

 写真などはまた後日~

 今日は、コンテストで悲願のグランプリをとりました~

 黒と白の江戸切子のぐいのみを出展しました。

 一般来場者によるコンテスト結果なので、本当に嬉しかったです。

 詳細はまた!!
by littlehanashyo | 2011-02-20 18:54 | 江戸切子
ワールドビジネスサテライトで紹介されました
昨日のワールドビジネスサテライトに

華硝の江戸切子供コラボランプが紹介されました。
私も映っていましてかなり嬉しかったです。

コラボは今出展している展示会で出会った

高岡銅器の能作さんと

有田焼の辻さんと

やらせていただいています。

いろいろな方々が
コラボをやってみたいとお話はいただくのですが

実現には

技術力と

何よりも職人さんの
互いに負けたくないと思う

心意気

が必要になってきます。

今も作り続けることができるのは

変わらず

つねにチャレンジ精神を持った職人さんが各社にいるからだと思います。

また今年もコラボ作品づくりは続けていきます。

余談ですが
自分の野望計画に

ワールドビジネスサテライトにでる

というのがあり今日実現しました!

ヨン様に引き続き
日記に書いたことが叶いました。

書くことの威力にびっくりしています。
このままいけば

漫画化も夢じゃないかも。
by littlehanashyo | 2011-02-18 00:51
ラジオの収録体験
 昨日の午前中に

 bay-fmで 毎週木曜日の深夜1時半~放送しています

 護あさなさんの「ほっとヨーグルト」の収録がありました。

 実はこの番組に出演させていただくのは2回目でして、

 今回は新しくできた

 江戸切子の教室で、護さんが江戸切子の体験をするというものでした。

 実際、女性のお稽古にきていらっしゃる方が多くて、みなさん、器用な方が多いのですが、

 護さん、すごーく、すごーく

 器用で、一番大切な手首の動きが柔らかいんですね。

 あっという間にコツをつかまれていらっしゃいました。

 ラジオでの難しさはご本人の
 
 ブログ
 にもかかれていらっしゃいましたが

 作業中どうしても無言になってしまうこと!

 作業に夢中になってしまうんですよね。没頭するという状態で。

 実は、生徒さんたちもみなさん同じで、

 カットの作業に入り始めると、ずーっと、自分の世界にはいられてしまいます。

 昨日は「邪心をなくして無心状態」と
 
 その様子を護さんや、ディレクターさんやスタッフさんと読んでいました。

 確かに、生活をしていると「無心」になる時間てほとんどないですよね~

 だから、自分の手で何かをつくる時間というのは、大事な時間かもしれないです。

 それが

 きらきらしたガラスを作れたら本当に楽しいですよね。

 女子のお稽古にやはりふさわしいですねえ。(もちろん、男子のお稽古でも、きらきら感は楽しめると思います)

 今週、木標日にon airということで、

 私たちも楽しみにしています。

 
f0088709_1571464.jpg

by littlehanashyo | 2011-02-16 15:07 | 江戸切子
NIPPON MONO ICHi 出展のお知らせ
 NIPPON MONO ICHI

 という日本のものづくりに従事する人たちが集まる展示会に毎年出展しています。


 そこで出会った方々が

 有田焼の辻与製陶所の辻さん

 豊岡柳の平野さん

 だったりと、今でも仕事も一緒にさせていただいております。

 事業者さんとの出会いもあるのですが、

 ここで出会ったお客様と今でも交流させていただいたり、

 お友達として仲良くなった方もいらしゃいます。

 人との「交流」がこの展示会にはいつもあります。

 日時
 2月18日~20日

 10時~18時(最終日は17時)

 国際フォーラム(有楽町)

 入場無料

 なので、

 HP

 ぜひお立ち寄りくださいませ。
 私も3日間います。

 今回はカラフルな切子の展示と

 新しく開始しましたスクールのご紹介をしております。
by littlehanashyo | 2011-02-15 18:38 | 江戸切子
江戸切子職人漫画化計画
 この間、

 ある銀行さんの懇親会にうかがった際に、

 お会いした事業者様に

 「江戸切子って宣伝が下手だよね」というご指摘をくださいまして

 「ここはやっぱりテレビのドラマに使ってもらうべきだよね」

 とのご意見をいただきました。

 そうなんですよ~

 私の野望は「江戸切子の職人漫画」で、

 作者は、よしながふみさんを希望しています。(大好きです)

 最近、能とか歌舞伎漫画が増えているじゃないですか!!

 そういった舞台がテーマだとストーリー展開がしやすいというのもあると思うのですが、

 江戸切子の職人の、

 しかも弊社あたりは若い男性・女性(20代~30代)ばかりなので、

 面白いと思うんですけどね~

 監修ぜひさせてください。

 ドラマよりも漫画のブームって本当に今大きいと思うんですよ。

 のだめカンタービレでクラシックブームが起きて、
 
 今はワンピースがいろいろな事業のキャラになっていて、

 コナンや鬼太郎によって街おこしにもなり、

 漫画は

 絵という入りやすいものなので、

 今までその分野に興味がなかった人まで巻き込むことができるという利点があります。

 しかも、その分野が専門的なものでなればなるほど、

 その世界の深みがわかり、さらに、知りたいという欲求ができ、

 新しい展開を生み出すことができるようになります。

 ブログに書くと夢がかなうので(経験済み)

 やっぱり書いてしまいました・・・。
by littlehanashyo | 2011-02-12 11:54 | 江戸切子
壮大なスケールのもの
 江戸切子スクールの開校に伴い

 教室整備や、テキスト作成など、さまざまな内容のはじめての仕事があり、

 てんてこ舞いな日々だったせいか、

 めずらしくストレスがたまったなあと実感。

 そんなときの解消法は「漫画に没頭」ということで、

 連日漫画を1冊読んでいます。

 今はまっているのは

 手塚治虫の大人向けの漫画で、

 「ネオ・ファウスト」「時計仕掛けのりんご」「アドルフに告ぐ」などを読んでいます。

 それにしても漫画の神様ですね~

 これでもか!というくらいに多彩な種類のストーリーに、

 心に刻まれるセリフの数々、

 魅力ありすぎるキャラクター

 ストレス解消というよりも、

 日々壮大な交響曲を聞かせていただいているような気持ちになります。

 その人しか生み出せない世界観に触れたとき、

 人は元気になりますね。

 今、江戸切子の教室事業が新しく加わり、業務は増えたけれども、

 人に技術を伝えることによって、

 誰かが元気になったり、

 また逆に生徒さんからエネルギーをもらったり

 そんなやりとりがあるのでやりがいがあります。

 
by littlehanashyo | 2011-02-10 18:02 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧