カテゴリ
最新のトラックバック
希望マーケティング論
 マックのやらせ事件。

 問題でしょう・・・。

 演出といってますが、はっきりいって「詐欺行為」に思えるのですが。

 以前よく前を通る料理店がテレビの番組に取り上げるようで、撮影をしていたところ、

 「エキストラさん並んでください」

 と言って、若者からお年寄り・赤ちゃんまでいきなり人々が現れ

 お店の前に並びはじめた

 ことを思い出しました。

 後日、「行列のできる料理店」として放映されていて、

 「え、嘘じゃん」としか思えず・・・。

 (ときどき並んでいるけれども、ほぼ行列になっているのは見たことがなかったので)

 大学の近所の食堂の撮影にあたったときには

 「今日はしょうが焼きを頼んでください」とスタッフに言われ、後日放映を見ると

 「しょうが焼き定食が大人気のお店」として紹介されており、

 「いや、人気メニューはから揚げですよ」と友人とポツリと。

 メディア側も、企業側も、

 自分たちのシナリオ

 を既に描いており、そこに当てはめようとするため、どうしても「虚偽」という方法を使わざるを得ないのだろう。

 目の前にあるものは現実で、現実なんて、実際のところ、どのようなものか、今の時点では捉えられない。

 結局、過ぎ去ってから「こういうものだったんだ」と認識するしかない。

 だから、ハンバーガーなら、ハンバーガーで売って見るしかない。

 少なくとも、私は

 「多数の人が買っているから買おう」

 なんて全く思わない。

 「買ってみておいしかったらラッキーだ」

 ぐらいのチャレンジ精神でものを購入するのだ。

 どうも、マーケティングというものは、人の行動パターンの認識が一元的でしかない・・・というよりも、

 「こうあって欲しい」という希望が強すぎて見えなくなっているように思えるのである。

 でも、行列=凄い

 なんて見方で、少なくとも消費者は購入しないし、それが話題性と考えているのは

 たぶん。メディア側だけだと思うのですが・・・。

 コンテンツに自信があれば、そんな小細工は必要なし。

 でしょう。



 
[PR]
by littlehanashyo | 2008-12-27 10:57 | 江戸切子
<< 希望マーケティング論2 あえて手順を書いてみました >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧