カテゴリ
最新のトラックバック
創作脳
 脳トレではないけれども、私も頭の訓練を始めました。

 というのは、構想を出す ⇒ 実現する

 が自分の仕事だからです。

 実現に関しては、外的要因やコミュニケーションといったまた別の能力が必要なので、

 現場で実践

 だと思うのですが

 構想を練る

 ことに関しては、やはり基礎訓練が必要だろうと感じ、練習を開始しています。

 そして、ふと・・・制作側はどんな基礎訓練をしているのだろう?

 と思い、インタビューへ。

 弊社スタッフTさんの場合は

 「アンテナをはって良いものを見る」訓練・・・。

 スタッフIさんの場合は

 「社長の作品を触れる。見る。何かを制作するときに常に今までにないものにチャレンジする」

 社長の場合は

 「内面から勝手に湧き上がる。常に新しいものはないか考えている」

 でした。

 つまり、創作脳の場合には

 ①良いものを見る
 ②新しいものへと意識を常に持つ

 の2点が弊社の場合は作用しているようです。

 昨日、ちょうど、ユニクロの柳井社長がテレビ番組に出演し

 「優秀な経営者は新しいことにチャレンジしている」

 というようなことをおしゃっていましたが、まさに、

 「新しい」

 が、事業も作品へも活性化を生むポイントになるのだと思っています。

 そして「新しさ」というのは闇雲に何かを変えるのではなくて、

 既存のものを、今までにない展開で行うにはどうすればよいか?

 とか

 人が「面白い」と感じることは何だろう?

 とか

 自分がやって「面白い」ことって何だろう?

 とか

 誰も手をつけていないことにチャレンジするのはわくわくするなあ

 とか

 こちらの結局は「わくわく」感につながることになると思います。

 私も今、構想中の案があるので、身近な人に「どう思う?」「どう思う?」を連発していますが、

 「見てみたいですよ~」とか「一緒にやりたいです」と言ってくださる方が多く、励みになります。

 つまり、

 「面白いこと」を見つけ、一緒にわくわくしてくれる人に会い、協力をして、
実現をし、世界に一石を投じる


 という流れが、「新しさ」の内容になるのだと思います。

 
f0088709_1113670.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2008-12-16 11:01 | 江戸切子
<< 自分の好きなものを取り入れる喜び キーワードは「ちゃんとした」 >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧