カテゴリ
最新のトラックバック
男性のご来店が多い理由を考察してみる
 江戸切子というと、テーブルウエアのイメージが強いせいか、女性をターゲットに・・・ということをよくいわれるのですが、

 華硝は全く違います。

 もし、これを読んで、今まで

 「男一人だし、行きにくいな」

 と思っている男性がいらっしゃいましたら、躊躇しないで華硝に来てください。


 お客様の7割りが男性。

 20代の若い人から、80代まで。華硝ファンには男性も多いのです。

 以前にもこの傾向はお話したのですが、先週の展示会でも同じ傾向でした。

 男性がじっくりと作品を見ているブース。

 分析したら理由はいっぱいあるのでしょうが、一つの理由としては、

 作品の切れ味

 があると思うのです。

 極め細やかさの中に鋭さがある

 というのは例えば茶道をはじめとする道の所作を思わせるものがあります。

 日本人のコアな部分が作品に表れているので、日本人なので、そのあたりに共感をするのではないかと。

 そして、特に男性はその心を読み取る能力が高いのではないかと。

 と、分析しております。

 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2008-06-21 10:41 | 江戸切子
<< 拡大した切子壁紙 Art of daily life >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧