カテゴリ
最新のトラックバック
紋様を大きくすると・・・
 今日がクリスマス本番・・・明日からお正月バージョンにいろいろなお店のディスプレイが変わるってことは、

 それ関連のお仕事の方は本日大忙しってことですね。

 さてさて、本年は六本木ミッドタウンで江戸切子をモチーフにしたツリーということでしたので、少々考えたことを。

 やっぱり、器の大きさにあわせた紋様なんだなあ・・・という感想でした。

 基本的にカタチにあった紋様となっているため、ツリーのような大きなものにのせても、かなり大きなカットに見えてしまい、しっくりとこないんだなあと思いました。

 繊細なカットが切子の特徴なので、その部分が大きな形状にものでは生かしにくそうに見えました。

 ツリーがどうこうというのではなくて、以前のミレナリオでも同様だったのですが、紋様を拡大することによって、切子の紋様なのか何なのか、わかりにくくなってしまうのかもしれません。

 それってもったいない!!

 私だったら、すっごい細かいカットのものステンドグラスみたいに貼り付けて、遠くから見ると、大きな模様でもそばによると、すごい技術と思ってもらえうようなものにするなあ・・・とはまあ、個人的な意見です。

 第二東京タワーにも切子のデザインのお話がでているようですが、大きいものに紋様をデザインするときは、かなり難しいということを知りました。

 来年のツリーは、和はコンセプトだとしたら、「塗り物」系でしょうか?
 (赤い塗り物のツリーっていうのもすごい見てみたい気がする!)
[PR]
by littlehanashyo | 2007-12-25 15:43 | 江戸切子
<< 読み間違い・・・ アンソニー世界を喰らうDVD化希望 >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧