カテゴリ
最新のトラックバック
退職祝いに江戸切子
 この時期は退職祝いを目的としたお客様の来店がとても多くなります、

 皆様の共通キーワードは

 ちゃんとしたもの

 使っていただけるもの

 まさに伝統工芸品がふさわしいということですが・・・

 「使う」という視点で、「記念品」らしいものとなると、確かに

 硝子製品

 はぴったりだと思います。

 グラスを日常に使わない人はいない。

 飾っても綺麗。

 記念品らしい高価なものというイメージがある。

 自分ではなかなか江戸切子を買うには、勇気ときっかけが必要なので、

(自分にぼほうび~♪)

 人から頂くと嬉しさ倍増ということもあります。

 まるで退職祝いには硝子がふさわしいですよ・・・という宣伝みたいですが
(宣伝もあるんですが)

 こういった情報も弊社が工房直営店だからこそわかることで、つくづく直販のおかげで、良い点を感じざるを得ません。

 確かに大きな会社にはこれではなりにくいのかもしれませんが、ダイレクトに情報を得て、考えて実行できることは、何よりの財産です。

 昨今、調子がいい、ユニクロ マクドナルド ディズニーリゾート 

 ともに、共通点は、専門店であり、直接販売していること(つくること・売ることが一体化していること)だと考えます。

 売れるものをつくるには?

 という売ること=つくることが横に並んだ状態でものを考えることをする必要があります。

 (もちろん価格の部分も大きいのですが)

 なんだか、退職祝いから大きな話になってきてしまいましたが・・来週には新作プレミアムをアップする予定です。

 今回のは写真を撮る前にすでに5個売れてしまったという幻のグラス。

 必見です。(ここでもご紹介いたします)
[PR]
by littlehanashyo | 2009-02-06 11:42 | 江戸切子
<< 日本の伝統工芸の会社が世界ブラ... 伝統工芸専門店がHPに多い理由... >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧