「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
予約作品なんですが気に入ったのでアップしました
 ご予約作品なので

 店舗にはでていないのですが

 超気に入った

 ショットグラスなんで

 ここでアップさせていただきます。(実際ちっさいですよ~)

 コレクションしたいです・・・。(社割Okですかねえ)


 
f0088709_15391447.jpg

 

 
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-04-13 15:39 | 江戸切子
プレミアムアイテム2012年春コレクション
 ほとんどSOLD OUT となってました

 プレミアムアイテムが、ぞくぞくとできあがってきました。

 今年の春コレクションはのテーマは

 底。

 上から見たときの華やかさが特徴です。

 
f0088709_917305.jpg

[PR]
# by littlehanashyo | 2012-04-12 09:17 | 江戸切子
プチプレミアムアイテムのできるまで
 華硝では

 月1回 デザイン会議を開催してます。

 うちのスタッフは20代・30代の若者がメインで(社長以外)

 大学のゼミみたいに和気あいあいと

 作品づくりを行ってます。(江戸切子の会社では間違いなく華硝だけです。こんなに若い平均年齢は)

 お互いに1個作品を持ち寄って、お互いに意見を言い合って、

 販売担当に作品をチェックしてもらい、修正がある場合には(よりよくするために)

 直し、最終的によかった作品のみ、店頭に並べられ、

 店頭でお客様にご意見を伺い

 評判がよければ、商品として、店頭・HPに紹介されることになります。

 毎月 スタッフにとっては、テストを受けるような緊張感がある・・・といわれますが、

 そうして生まれた作品がレギュラー作品の場合には

 オールドグラス エンブレム

 だったり、

 1点ものであるプチプレミアムアイテムの作品

 となっています。

 エンブレムは2011年に出来上がりましたが、今ではオールドグラスの大ヒット作品になり、

 デザインしたスタッフはとても喜んでいます。

 よいものをつくるには、適度な緊張感とリミットが必要だとうちの会社は考えてます。
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-04-06 17:15 | 江戸切子
桜のしたでぐいのみを
 昨日は嵐ですごかったですね。

 桜が咲いてなくてよかったなあと。ぜんぶ散ってしまったはずなので。

 週末はお花見日和ということで、

 毎年、お花見の席で「ぐいのみを使いたい」と酒器を買ってくださる方が必ずいらっしゃいます。


 割れちゃうから、もったいないから・・・

 というのもわかるのですが、

 ぜひ、本物の桜の下で本物の切子で、お酒(が飲めなければ同じような色のお水で!)飲む

 お花見もありだと思います。

 特に女子会!

 紙コップよりも、何倍も美しく見えますよ~

 (紙コップのビールと日本酒っておいしく感じないんですけど・・・スポーツスタジアムで飲むと逆に紙コップおいしいですよね)

 おいしく感じるシチュエーションをつくることって楽しいですよね。
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-04-04 16:59 | 江戸切子
江戸切子職人への道②
(続き)

 儲ける ということは

 自分の作品にお金を支払ってもいいという賛同者を増やす

 ということが、弊社の場合のビジネスではあてはまる。

 結局、

 作ってくれてありがとう

 の段階というのは、素人の域で

 作ってくれたものを

 お金をだしてまでほしいと思ってもらう段階が

 プロの域である。

 求人募集の段階では、ここまで考えて応募する人はほとんどいなくて

 ものづくりを美化しすぎている(これはマスコミの影響が大きいと思う)

 のが現状です。

 人がお金をだしてまでほしいと思わせるものをつくる

 ということは、会社でいうなら

 一人商品開発

 一人営業

 一人製造で

 一人で、一つの会社を頭の中で経営しているようなものである。

 近いものは「漫画家」があるけれども、漫画家の場合には、

 大手出版社が広告宣伝をしてくれるけれども

 弊社の場合にはそれも自分でしなくてはならない。

 これからの職人というものは、「儲ける」意識を持つ者がなるべき仕事だと思う。

 こんな話を考えるようになったのは

 「人材教育」という本の取材で

 中原淳先生とお話をしてからで、

 職場と人材開発に関して、とても興味を持ったからです。

 最初からこういう意識を持った職人さんを・・・というのではなくて、

 弊社で働きながら、弊社ではこういった意識の職人さんを育てたいという話で、

 そうすると、もっともっと工芸の世界で生きたいと思う人が増えると思っています。

 大阪市長の橋本さんではないけれども、

 どんなに補助金をばらまいても、変化することはなくて、

 維新塾のように、自分がいなくなっても機能するようなシステムをまずつくっていくことが必要で、

 弊社で、こうした取組をしていくことで、

 工芸世界=衰退

 ではなくなってくるのではないかと思っています。

 今はチャレンジの時で、一緒にチャレンジしていきたいと思う人にこれからスタッフとして巡り合えるといいなと思い、

 常にスタッフ募集をしています。

 工芸=儲からない図式を変えたいと思うくらいにチャレンジャーな方がいましたら

 未経験で全く問題ないので

 ぜひ応募してください。
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-03-30 13:03 | 江戸切子
江戸切子職人への道① ROAD TO EDOKIRIKO
 今年はオリンピックイヤーということで、

 代表選考会が各スポーツで行われていて

 トップの競争を見る機会も多く、緊張感ある選手の姿に心を奪われます。

 さて、このところ、プロ意識について考える機会があり、

 余計にそのような選手たちの、プライドかけた戦いが気になるのですが、

 昔より

 職人になりたい

 という若者が、弊社の求人にもとても多いのですが、

 その理由としては

 就職難もあるだろうし、(どこでもいい! 手に職を! などの理由で)

 ものづくりへのあこがれもあるだろうし、

 職人というプロの仕事で生きてきたい

 などなど、あると思うのですが、

 とても欠けているなあ~と感じるのは

 「儲ける」という意識。

 職人たって、霞を食べていきているわけでもないし、

 テレビで描かれている後継者不足で大変なんですよ~的な世界でもないし(そういう場所もありますが)

 職人という立場での

 ビジネス

 なので、

 ものをつくって人に喜んでもらえればいいんです

 というような目的の人は全くむいてません。

 そういう人はボランティアで、一生懸命つくって、いろんな人にプレゼントしてください!

 と、厳しい言い方ですが

 「儲かるにはどうすべきか」という意識がないと、

 これからのプロ(職人)には向いてないと思うのです。

 その理由としては・・・

 (明日へ続く)
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-03-27 10:47 | 江戸切子
下請け脱却
 華硝の江戸切子

 として、自社でのデザイン、自社での販売を始めてから

 早20年以上。

 それ以前は弊社も大手ガラスメーカーの下請けをしていました。

 (今はそのガラスメーカーもなくなってしまい、先のことはわからないなあと思う日々です)

 下請けでの技術革新っていうのは難しいんですね。

 というのも、

 まず「デザイン」が決定していること。

 いわれるがままの製品をつくるということは

 そこに工夫がなくなります。

 工夫があるとすれば、

 たくさんつくるにはどうすればいいか

 という工夫で、

 それは大量生産へつながっていくだけで、

 結局のところ、デザインや技術、一番ものづくりに大事な発想力が培われることがなくなってしまいます。

 その結果、

 言われるがままをこなす日々

 となり、革新的な作品づくりから離れてしまいます。

 (なんだか学校教育に似てますね・・・)

 何よりも「面白さ」が失われてしまうことが一番つらい。

 技術があろうがなかろうが、

 最終的に自分の作品をどのような人が賞賛し、購入してくれたかわからない。

 これが下請けのもっともよくないことだと思っています。

 目に見えるだれかに自分の作品を手に取ってほしい

 そんな当たり前のことが難しい現実

 というのが今はあります。

 そんな社会の中で、うちの会社だけでも

 面白さ コミュニケーション 人との会話 ・・・アナログといわれる部分を大事にしていきたいと思った次第です。


 
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-03-22 11:36 | 江戸切子
下請け脱却
 華硝の江戸切子

 として、自社でのデザイン、自社での販売を始めてから

 早20年以上。

 それ以前は弊社も大手ガラスメーカーの下請けをしていました。

 (今はそのガラスメーカーもなくなってしまい、先のことはわからないなあと思う日々です)

 下請けでの技術革新っていうのは難しいんですね。

 というのも、

 まず「デザイン」が決定していること。

 いわれるがままの製品をつくるということは

 そこに工夫がなくなります。

 工夫があるとすれば、

 たくさんつくるにはどうすればいいか

 という工夫で、

 それは大量生産へつながっていくだけで、

 結局のところ、デザインや技術、一番ものづくりに大事な発想力が培われることがなくなってしまいます。

 その結果、

 言われるがままをこなす日々

 となり、革新的な作品づくりから離れてしまいます。

 (なんだか学校教育に似てますね・・・)

 何よりも「面白さ」が失われてしまうことが一番つらい。

 技術があろうがなかろうが、

 最終的に自分の作品をどのような人が賞賛し、購入してくれたかわからない。

 これが下請けのもっともよくないことだと思っています。

 目に見えるだれかに自分の作品を手に取ってほしい

 そんな当たり前のことが難しい現実

 というのが今はあります。

 そんな社会の中で、うちの会社だけでも

 面白さ コミュニケーション 人との会話 ・・・アナログといわれる部分を大事にしていきたいと思った次第です。


 
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-03-22 11:36 | 江戸切子
プレミアムアイテム制作中
 プレミアムアイテムの画像がほとんど

 SOLD OUTになりまして

 店舗ではいくつか紹介しておりますが

 現在、社長がパワフルに制作してます。

 近々アップします。

 ぜんぜん、制作と関係ないんですが、

 久々にはまる漫画に出会いまして


 東村アキコさんの「海月姫」。

 アニメ化もしてるし、賞もとってる有名漫画にも関わらず、最近読み始めて

 いっきに「大人買い」しました!!

 何がいいって、登場人物のオタクブリ。

 
 好きなものを好きといって生きて何が悪いんだ!的なパワフルさがとにかくいいのです。

 うちの作品も

 ときどき

 「こんな高いもの誰が使うのかしらね」とか

 「日常品は100円ショップで十分です」

 といったことを言われることがあるのですが

 ・・・ちがうのです。

 華硝の作品を愛してやまない方々が全国、海外にいらっしゃるのです。

 華硝愛好者がお店にご来店くださってるのです。

 
 そんな素敵な方々のために

 社長もスタッフも

 面白くて美しいもんつくりたい!と制作に励んでます。

 
 なのでオタク(愛好者)って、ものづくり(工芸でも漫画でも料理でも、人がつくりあげるものはなんでも)

 の向上に欠かせない人で、

 世の中を面白くするために必要な人たちなんだと、私は思ってます。

 
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-03-21 12:14 | 江戸切子
2012年最初の体験セミナー
すっかりご無沙汰いたしております。2回目の登場の熊倉隆行です。

本日2012年最初の体験セミナーが無事終了しました。この度も多くの方にご参加いただきましたことこの場を借りて御礼申し上げます。

今までセミナーの内容についてはあまり触れていなかったのもあるので今回はどんな内容でやっているのかを書きたいと思います。

最初は「江戸切子とは何ぞや?」のお題で歴史に始まり、工程、紋様の解説などを私のつたないトークを展開時間です。リピートされる参加者の方もいらっしゃるので毎回少しずつですが内容を変えておりますがそんなに変わっていないという説もあり…。合間に笑いを入れたいけれどすべりそうなのであまり入れないようにしているのできわめて真面目な時間です。

次はメインであるカットの体験となりますが、カットの仕方などはデモンストレーションを交えて怪我なく楽しくできるよう説明をしていよいよスタート。カットだけではなく最初の工程である「割り付け」も体験していただいております。合間に弊社の商品を使って試飲を行ったり、参加者同士で出来たものを見せ合いをしたりなど和気あいあいと過ごしていただいております。ちなみに今回のお酒は北雪酒造さんの梅酒を使いました。f0088709_16558100.jpg

出来たものは記念に持ち帰っていただいております。帰宅してからその器で一杯なんてのもよいもんですよね。

と以上を2時間で行っております。次回開催はまだ未定ですが決まり次第弊社HPで発表させていただきます。

次回ブログはパリ出張の模様をと予定いたしております。華硝の江戸切子はパリでどう評価されたのか!!!お楽しみに!
[PR]
# by littlehanashyo | 2012-03-20 16:55 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧