「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
エグザイル魂ちょっぴり紹介されました
 昨日の 

 TBS「エグザイル魂」で

 ちょっぴりですが

 弊社が紹介されました!

 メンバーの方々に「きれいな硝子細工」と評されてました。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2013-02-19 11:48 | 江戸切子
ビジネス書よりも参考になる漫画
 久々の更新です・・・

 嬉しいことに

 「最近更新ないんですか?」というファン(?)の声があり、

 売れっ子漫画家の気持ちを

 味わわせていただきました。

 ・・・なんて言ってる場合ではなく、

 日々頑張って書こうとしてたのですが、私事の諸事情により、

 なんだか頭が働かないなあ・・・という病気に落ちってましたが、

 そんなだめだめな頭に一撃をくらわせてくれた漫画を発見!

 この2週間、毎日愛読してたのですが

 今更ながら「BECK](ハロルド作石先生)いいですね~

 映画は先に見ていたのですが、(向井理が好きだったので。でも平くんのイメージは違ったなあ)

 漫画・・・なにがいいって

 そんじょそこらのビジネス書よりも、ものづくりしている人は必見ですよ。

 ロックバンドのサクセスストーリーっていってしまえばそうなんですが

 バンド(コンテンツ)のレベルは高いのに

 流行のプロデューサーに嫌われて、大きな流れに乗れないけれども

 本物のファンに支えられ、人気がでていく

 という流れがそこに書かれていて(こんな簡単な話だけじゃなくてエンタメ度はもっと高い漫画です)

 これって大事な部分だよなあと共感。

 世の中ってすごいスピードに乗らないとって思って、コンテンツの鋭さや、身近なファンの大事さに乗れないで

 見えない大きな流れに身をまかせてしまって

 あっけなくなくなってしまうものがいっぱいあるんだと思います。

 まあ、あっけなくなくなるものっていうものは

 本質的な部分で凄いもんになってない

 というのがあるのでしょうが、

 最近のドラマにしても、様々なものにしても、

 流行って終わればいい的な

 コンテンツに対する甘さが多いと思っています。

 ものをつくる以上は、誰かに伝える機会なんだという、誰かのためへの思いって重要だと思ううんですよ。

 そういう点で漫画のエンターテイメント性は日本は高いね~

 商業誌に乗り続けるためには、ファンを獲得しなくてはならないというシビアさが、漫画にはあるからだと思うんですよ。

 久々に更新したと思えば

 また漫画ネタかよ・・・というつぶやきが聞こえてきそうですが

 これからは日々更新しますので宜しくお願い致します。
[PR]
by littlehanashyo | 2013-02-08 14:45 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧