カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
スカイツリーの江戸切子エレベーターに伴い本物の江戸切子の見分け方
 スカイツリーのエレベータは

 江戸切子が用いられてます!

 と巷で話題となっているので、ここで、

 本物の江戸切子とは・・・を。

 まず、江戸(東京)でつくってるから江戸切子。

 産地は見ただけじゃわからないですよね。

 で、見分けるポイントは

 1 色
 2 カットの手触り
 3 輝き

 の3点。

 まずは「色」。

 赤と青っていっても切子の場合、なんか色合いがくすんでませんか?というものがあります。

 それは、

 カットした硝子がくもり硝子なんで、

 輝かせるために

 磨き

 をするのですが、

 薬品

 で磨いたもののせい。

 硫酸とフッ化水素をいう薬品を用いるので、それにつけると

 あっという間に透明になります。

 で、薬品が硝子の色にもあたり、色がくすむという現象が。

 本来の伝統的製法は

 薬品ではなく手で磨く製法で、

 それを使っていれば

 硝子の本来の美しさそのものが残ります。

 2 手触り

 カットしてある部分をさわってみてください。

 カットのエッジがしっかりとしていて、さわり心地のよいものは手で磨いたもの。

 そうでないものは

 薬品によってエッジが溶けてます。

 つまり、手作業で最初から最後まで仕上げたものが本物というわけです。

 3 輝き

 も同様です。

 きらきら感があるかないか。

 薬品のきらきら感は手に比べるとうすい。

 お店のライティングにごまかされてる場合もあります。

 とにかく

 手で触ってみる

 五感がちゃんと「これは違う」と教えてくれます。

 つけたすなら、

 工房で売ってるから、デパートだから本物ってこともありません。

 薬品用いているものは、どこでも、用いてます。

 なので、カットしてあれば

 江戸切子じゃないです。

 この3点をおぼえていただければ間違いなく、どこで通用します。

 ということで、

 本物の江戸切子見分け方講座でした。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2012-05-26 13:56 | 江戸切子
華硝の江戸切子とスカイツリーのエレベーター
 スカイツリーに関する報道が毎日ですね~

 江戸切子って連発されるたびに、

 江戸切子の認知度アップにつながるのでありがたい限りです。

 エレベーターの中でも切子の紋様のものは人気があるようで、

 江戸切子=綺麗 

 と思ってもらえて何より!

 うちのお店のきらきら感もエレベーター負けてないぞということでお店の写真です。

f0088709_1012524.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2012-05-24 10:01 | 江戸切子
江戸切子とスカイツリーの共通点
 朝から話題は

 スカイツリー ばかりですね~

 東芝のCMで江戸切子エレベーターを見てから、

 私も一度、これに乗ってみたい!と思うようになりました。

 なんか、あらゆるところに、

 江戸切子

 デザインがあるらしいんですが・・・

 江戸切子は江東区の地場産業であって、墨田区じゃないんだよ~と、ちょっと、もっていかれた感がありますが・・・

 でも、知ってもらえる機会の一つとなれば幸いです。

 伝統的な紋様と現代の技術建築ってことで、

 江戸切子とスカイツリーはきっと使われているのでしょうねえ。

 ただ、どちらも共通しているのは

 「現場の人」がいてこそできあがるものであること。

 職人さんたちの力、技術開発の研究者の力、

 現場の人たちがいなかったら、絶対にできなかったものであること。

 そういう意味で

 連綿と受け継がれてきた、人の力の集大成だなと

 見るたびに私は思っています。

 今日の開業で

 「おれがかかわったタワー」「私の技術が役立ってるタワー」

 って、思っている人たちがいっぱいいるんだろうなあ。

 そういう人たちはとても幸せな日ですよね。
[PR]
by littlehanashyo | 2012-05-22 10:33 | 江戸切子
ちいさな未来会議
 中小企業庁では

 ちいさな未来会議といって、

 中小企業で働く現場の人たちが

 国とともに、中小企業の未来を考えるという会議を行っています。

 全国各地で会議を行っていますが

 現場の方々の言いたいことっていっぱいあって、

 どの意見もとてもリアルです。

 意見だけで変わることもすぐにはないかもしれないけれども、

 言い続けることの重要性を感じています。

 現場の人たちが集まる場が

 どんどん増えるといいなと思います。

 「事件は会議室ではなく現場で起きてるんだ!」って踊る走査線の青島くんのセリフは

 ほんとに実感してます。

  みらい会議のHP

 弊社は今回その会議の運営委員をやらせていただいておりまして、

 多くの議論を聞くこと立場をさせていただいております。

 多くの事業者様との出会いの機会ができましたので、

 今後、もっともっと、

 リアル現場

 を大事にした発信をしていきたいとさらに思うようになりました。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2012-05-18 22:15 | 江戸切子
江戸切子~江東区亀戸の地場産業から世界へ
 もうすぐスカイツリーが開業ということで

 「亀戸」って観光地なんだなあと実感がわいてきました。

 スカイツリーにともなった「亀戸」の取材で、

 雑誌やテレビで弊社を取り上げていただく機会が増え、ありがたいことです。

 先日も「週刊 現代」のスカイツリー観光マップに掲載していただきましたところ、

 地方の方からの問い合わせが相次ぎました。

 今、スカイツリーのデザインのあらゆるところに

 江戸切子

 が使われている関係で、「江戸切子」という言葉がメジャーになってるってことですね。

 江戸切子はもともとは

 江東区亀戸の地場産業です。

 小さな河川が多い地域に硝子関連の工業が多く、

 (むかしは運河で原材料を運んでいたためです)

 亀戸は河川が多く、うってつけだったようです。

 残念ながら、現在はとても少なくなってますが、弊社はおかげさまで

 亀戸に68年間、硝子の工房として、さまざまな作品づくりに励むことができております。

 以前にあるメディアの取材で

 「下町の芸術作品」と評していただいたことがありますが、

 亀戸の地域で、小さな美術館のようなお店を構えています。

 私たちの目標は

 各国に華硝の作品のファンができればいいなという願いです。

 亀戸に実際に詣でたいと思っていただければ、亀戸という地域が

 世界的になるかもしれない・・・。(ベネチアガラスで有名なイタリアのムラノ島みたいに)

 これからスカイツリーができて、江戸切子が有名になるチャンスができ、本当によかったと思っています。
 
 
 
[PR]
by littlehanashyo | 2012-05-09 10:37 | 江戸切子
スカイツリーの江戸切子デザインエレベーター
 スカイツリーのエレベーターは東芝なんですね。

 CMで初めて見て、

 で、

 これが噂の江戸切子デザインエレベーターか・・・と知ることができました。

 花火をイメージしているらしく、

 江戸切子の紋様のようなものが天井いっぱいに、丸い形で、いっぱいちりばめられてました。

 江戸切子の華やかさがでていていいなあと思いました。

 でも、きっとエレベータだから、素材は硝子じゃないんだろうな・・・。

 硝子のきらきら感がでたらさらに綺麗だけど、重さの点でも厳しいのかな。

 などと、CMなんで、実際はわからないで見てました。(硝子だったらすみません・・・)

 スカイツリーのおかげで、江戸切子が全国区(まだまだ知られてない日本の工芸品なんで)

 に・・・

 いや、世界的にedokirikoとして有名になるチャンスか!!

 これから楽しみにしてます。
 
[PR]
by littlehanashyo | 2012-05-07 22:52 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧