カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
江戸切子スクールの意味
 まだ実は大々的に江戸切子のスクールの募集はかけていないのですが、

 続々と問い合わせが入り、嬉しいです!

 なぜか若い男性が多くて、

 やっぱり、自分で自分のぐいのみをつくるっていうのは

 男の人のほうが興味を持ちやすいのかもしれないです。

 セミナーも2月に予定していて、

 日本酒に関してのセミナーを・・・と思っています。

 日本文化~って感じじゃなくて

 私のイメージするスクールは江戸時代の
 松下村塾などの私塾や道場などの「学び」「出会う」場所イメージ

 自分の手の技術をこつこつを磨きあげていくことで自分を向き合う時間

 だったり、

 目に見える向上で自分を励ましたり

 一緒に通う人たちと交流することで、新しい交友関係をつくったり

 新しい文化をつくるということは

 人がつくられないかぎり

 あり得ないからです。

 商品開発に力を入れることも確かに重要だけれども、

 商品を使う人、つくる人の心が豊かにならなければ、

 伝統工芸品の意味はありません。

 たくさん売ってなんぼの世界だったら、

 安い人件費でたくさん作ってたくさん売ればいい。

 スクールは私にとっても、
 今、この現代で工芸品の意味を考える機会になるのではないかと考えています。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2010-11-29 13:11 | 江戸切子
新作のオールドグラスができました
 新作オールドグラスができました

 名前はエンブレムです。

 透明感のある輝きが特徴です。

 シャープな印象の作品です。

 詳細は新作HPにて

 ご覧くださいませ。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2010-11-25 19:06 | 江戸切子
江戸切子スクールが来年から開校です
 今月は結婚式の引き出物や

 記念品がとても多い時期で、制作真っ最中。

 私も包装・梱包作業がメインの月なんですが、

 実は、少しずつ準備をしておりまして

 初の江戸切子職人主催の

 江戸切子を学ぶことのできるスクールが来年早々

 開校します。

 今は開校準備室勤務(といっても二人なんですが)状態で、

 梱包の合間に着々と進めています。

 HPにも近いうちにアップ。

 スクールパンフレットご希望の方は

 hanashyo@edokiriko.co.jp

 にご連絡いただければメールでお送りさせていただきます。(来月以降)

 職人さんが直接指導。

 初心者でも1つぐいのみをつくれるようなカリキュラム。

 上級コースまであり、職人への道クラスも併設。

 独自のカリキュラムもあります。

 同時に1日だけ職人体験(2時間)の講座も開設。

 詳細は随時お知らせ致します。

 場所は亀戸です!
[PR]
by littlehanashyo | 2010-11-12 13:50 | 江戸切子
アート的な江戸切子のぐいのみ
 実は

 店頭に飾ったばかりですぐにお嫁入りしてしまいましたぐいのみがありまして

 それが私はむちゃくちゃ好きだったので、

 ここで写真だけご紹介します。

 宙吹という、型にガラスを入れない製法でつくるものなので、

 面白い形が宙吹には多いのですが

 特に、その中でも

 デザインも形もアート的だったぐいのみができあがり、

 どきどきしておりました。

 宙吹ぐいのみもいろいろ見てきましたが、こんなに

 遊び心のある素敵な作品は私も初めてです。

 自社作品を自画自賛するのって・・・と思うのですが

 私の好みでした。

 一点ものというのはまさに

 一期一会。その出会いの切なさがすごく好きです。

 
f0088709_18212816.jpg
f0088709_18214212.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2010-11-11 18:22 | 江戸切子
新しい作品のご紹介
f0088709_1714020.jpg
 前回のブログに書きました

 社長ラボからのご案内で

 新しい作品が出来上がりました。

 作品は「キャンドルらんぷ」という作品で、

 キャンドルスタンドです。

 以前から「海外向けの贈り物として豪華なキャンドルスタンドが欲しい」

 「電源がいらないテーブルにおけるスタンドが欲しい」

 と言ったご意見をいただいておりましたので

 研究しなければ・・・と思っていたのですが

 ここでようやく開発完了!

 ろうそくの揺らめきが何ともいえない柔らかな表情を硝子はしますね~

 確かに安い硝子のキャンドルスタンドはいっぱい売っているけれども、

 芸術作品としてのスタンド(らんぷ)は

 表情がある

 というのが私の実感です。

 私も大量生産プロダクト的なものも購入しますし、もちろんそれも好きです。

 でも、やはり、人の手が技術を持って、考えてつくりあげる作品は、

 生き物で、そのとき、そのときでこちらの受け取り方によって、

 全く違う作品に見えます。

 それがやっぱりいいんですよね。

 そして、この開発されましたスタンド。

 1週間もたたないうちに、お嫁入り先が決まりました。

 開発されたばかりの作品をお客様に気に入っていただけると凄く嬉しいです。

 このモチベーションが次の作品への原動力になります。

 
f0088709_171572.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2010-11-07 17:02 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧