カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ぺ・ヨンジュン氏への江戸切子の贈呈
 以前、

 「ブログで書いたことが本当になりました!」と書いたことがありましたが、

 その内容を本日発表!

 なんと

 「ヨン様へ華硝の江戸切子が贈られる」という出来事があったのです。

 以下が詳細で・・・

 2010年4月6日、ロッテシティホテル錦糸町のグランドオープンのセレモニーにて
ロッテの重光宏之副会長より、ぺ・ヨンジュン氏へ贈呈品として弊社の江戸切子
(飾り皿)が贈られました。
江戸切子は墨田区・江東区を中心とした日本の伝統工芸であり、ロッテシティホテルのある近隣の産業となっています。
ぺ・ヨンジュン氏がホテルに韓国の白磁のつぼを贈呈し、それに対し江戸切子を贈ったということです。


 選んでくださったロッテの方々に本当に感謝しております。

 でも世の中、夢ってかなうものですね~

 「太王四神記」にはまり、ヨン様へいつか贈りたい!と願っていて、

 それが実現するとは、信じられない思いでいっぱいです。

 近いうちにヨン様の白磁の壺も見に行ってきます!!

 ちなみに飾り皿はこちら・・・オリジナルデザインです。

 
f0088709_1642865.jpg




 
[PR]
by littlehanashyo | 2010-04-30 16:04 | 江戸切子
江戸切子とお菓子
 展示会では今回も江戸切子にお菓子を・・・という展示をしました。

 18日のみだったのですが、

 お花が咲いたようなイメージで、

 洋菓子と切子もすごく合うなあと実感しました。

 私は以前からお菓子の世界との連携をしたいなあと思っていて、

 すごく感性のあった方と一緒にお菓子の華やかさと華硝の華やかさで、

 現代の華

 をつくりたいと思っていて、

 もしどなたかチャレンジしたいと思っていたらぜひぜひお声をかけてください!

 弊社では

 「和=日本テイスト=和菓子」といった考え方はぜんぜんしていなくて

 日本人がつくるものは「和」なんだ!」という考え方なんで

 洋菓子だから(料理もそうですが)「和」じゃない・・・というのではなくて、

 たとえばむちゃくちゃ繊細な形や味わいだったら、洋菓子とか和菓子とかではなくて、

 それは個人の技術やセンスの問題で、

 そういうすごい人と共にそれが日本人であれば、日本のすごさを一緒に表現していこうよ

 という考え方でいます。

 大人気だったのは抹茶のケーキで、
 切子の色合いとも合っていて、
 やっぱり、

 色彩に関しては日本的なもの同士のほうがすんなりいくのかな

 とも思いましたが、

 紅色とかはビビッドな色合いのお菓子も合うと思うんですよね。

 
f0088709_1620626.jpg
f0088709_1620359.jpg
f0088709_16212218.jpg


 
f0088709_16232165.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2010-04-25 16:21 | 江戸切子
展示会終了報告①
 1週間早い!

 先週の金曜日にイベントの搬入していたのに、なんと本日もう金曜日!

 週末イベントにご来場いただきました皆様に感謝申し上げます。

 第4回になるということもあり、この度もたくさんの方にご来場いただきました。

 自分で発信するということをメインにおいて、

 今回はものづくり以外の、ライフスタイルと楽しむためのお話もからめての初挑戦だったのですが

 いつもよりも

 女性が多かったという結果となりました。

 いつもは技術的な工程メインなんですが、

 私もデザインの話にチャレンジし、

 偶然にもお手伝いしてくださった方も全員女性ということで、

 会場内がかなり華やかな雰囲気でした。

 少しずつイベントのお話はこちらでご紹介させていただきます。

 今回のテーブルは 自然の雰囲気のある紅色 と
              クールな瑠璃色と の2つのセッティングでした。

 コーディネーターのオオヤマアツコさんのお話にも弊社の作品は「和でも洋でもあうデザイン」ということで、

 目指している「無国籍性」が伝わるディスプレイとなりました。

 
f0088709_149852.jpg
f0088709_1493653.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2010-04-23 14:09 | 江戸切子
みなさん漫画好き・・・
 ブログで赤裸々に漫画好きを告白しているせいか

 お客様から

 営業先の方から

 「○○って漫画面白いですよ~」とお薦めされることが多々あり・・・。

 先日は「いまさらですけど、彼カノ面白いですよ」とお薦めを得たり、

 また逆に「大奥面白かったです」とのお話をいただいたり、

 華硝漫画部設立すべきかしら・・・。

 と悩むくらいに、30代男女漫画好きがなぜか華硝には集まっています。

 江戸切子漫画どなたか書いて下さらないかしら・・・。監修させてください。

 決して頑固職人なんかじゃなくて、若者はいたって、普通の若者で、

 そんな若者たちが6名働く華硝。

 素人がめきめきと職人として技術をつけていく様をぜひぜひ漫画化で!!

 (なぜこんなに熱く漫画を語っているかといえば、

 イベント前は「漫画禁止令」が脳内にだされているからです・・・飢えています。たった一日で・・・)
[PR]
by littlehanashyo | 2010-04-13 17:00 | 江戸切子
井上雄彦さんに職人の姿を描いてほしい
 もういきなりのっけから、

 自分の夢。希望書きます。

 というのも、くわしくは守秘義務があって書けないのですが、

 今までブログで書いた私の願望がなんと実現した・・・らしい・・・のです。

 確定できないのは、たぶんそうだろうという100%いえないところがあるため。

 よく本などで「願望を書くと夢がかなう」と書いてあって半信半疑だったけれども、やはり間違いないらしい。

 見えない者の力ってありますねえ。

 だから以下願望書きますね。

 二ノ宮知子さんの次の漫画は「江戸切子」職人で。
 (ただしモデルは弊社工房で)

 オノナツメさんと展示会を一緒にやりたい

 安野モヨコさんにうちのピンク系のぐいのみを渡したい

 大奥(よしながふみさん著)にぴったりな江戸切子作ります!プレゼントします!

 ・・・すみません。ぜんぶ漫画です。個人的な趣味にはしりました。

 決して、うちの切子を有名にしたいから・・・タイアップではなく、個人的にお仕事一緒にさせていただきたいリストになってしまいました。

 下は店頭だけで販売しているぐいのみです。

 こういった店頭商品も結構あります。一点ものなどもあります
f0088709_15385688.jpg
。(社長作品以外でも)

 

 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2010-04-10 15:39 | 江戸切子
展示会の協力者
 今回のイベントには

 ボランティアスピリッツでお手伝いしてくださる方がたくさんいらっしゃいます!

 テーブルコーディネイトはオオヤマ アツコさん。

 私の無理なお願いにも快く引き受けてくださいました。

 先生のディスプレイも必見です。(18日は先生のトークもあります)

 昨日の話じゃないですけど、

 世の中ってすごく面白い人がいっぱいいるなあ。

 といつも思っていて、

 だからメディアがいつも同じ人ばっかり取り上げるのって

 なんだか納得できん!!なんですよ、私は。

 だから、いつも目指すのは「市民参加」が一番。

 権力者がいた頃の文化はともかく、文化は市民がつくりあげるもの。

 つくりて=参加者=市民

 なんですよ~

 といいたくてイベント開催しているようなものです。

 だって、コンサートだって、歌い手さんがいて、でもファンが盛り上げなくて、しーんとして座ってたらコンサートって成り立たない!

 コンサートとかライブってリアルな場が、結局、発信者と受信者が立場を超えて一緒になるからこそできる
ものでは?と思っています。

 日本には面白い人がたくさんいるってお互い認識できたら

 きっと、日本をもっと好きになるんじゃないかなあ。
[PR]
by littlehanashyo | 2010-04-03 11:05 | 江戸切子
芸術とプロダクトのあいだ
 米つなぎ

 という紋様は

 芸術とプロダクトのあいだ

 という位置づけのデザインだと思っています。

 日本のデザイナーには好かれなくて、

 なぜかといえば

 「これはプロダクトではなくて芸術品だから」。

 でも、米国では逆に

 「個人の創造性のあるデザイン」

 とプロダクトとしても芸術性も評価されている。

 つまり、これって、

 日本と米国の考え方の相違で、

 文化論としていうなら

 「枠からはみだせない」日本人思考と

 「枠からはみだしたい」米国人思考の差かなあと。

 私の好きな歌に椎名林檎の「本能」があるんですが、

 歌詞で

 「・・・カテゴライズそういうの忘れてみましょう♪」

 ってあって、

 まさにデザインに枠つくりすぎ~!

 先日、杉並区の小学校へ「江戸切子」に関する出張授業にいって、
 
 「世界で一つだけの江戸切子のグラスをデザインしよう」って書いてもらったのですが、

 すごーくよかった。

 ちゃんと切子の紋様のルールを教えてたら、そのルールを守って、でも、自由にデザインしてくれて

 タイトルまでつけてくれて、

 「枠がない」ってことの創造性を実感することができました。

 ビジネスとして・・・とか大人は立場があるけれども、

 でもねえ、もっとものづくりはいきいきしたほうがいい。

 デザインができないって思っている作り手さんがいるけれど、人は必ず創造性を持っていると私は信じてる。

 と・・・いうわけで、新しい作品です。

 米つなぎの江戸切子のお茶入れと香合。(香合は売れてしまってます)

 4月のイベントでももちろん米つなぎは登場だ!!

 
f0088709_1426482.jpg


 
[PR]
by littlehanashyo | 2010-04-02 14:26 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧