カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
来年も宜しくお願い致します
 本年最後の営業が終わり

 今、今年を振りかえっています。

 いろいろありすぎて、今年一年は特に早かったんですが、

 今年を振り返ると

 本当に多くの方々に支えられてきたなあというのが実感です。

 華硝という企業に

 たくさんのサポーターの方々が応援してくださった一年だったと・・・。

 本当にありがとうございました。

 来年もまた新しい試みにチャレンジし、

 皆様に感動していただけるような企業でありたいと思っています。

 来年もどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by littlehanashyo | 2009-12-28 19:32 | 江戸切子
米国の雑誌の日本特集
 5月にNY国際現代家具の展示会の中で

 日本の感性あるデザインの一つとして弊社の作品が紹介されていたのですが

 今月に米国の雑誌「METROPOLIS」の別冊「JAPAN」に

 弊社作品が掲載されました。

 しかも!目次左上にも掲載されていて、

 米国人の感性は素晴らしい!ありがとう!米国!

 と称えてしまいました。

 日本のデザイン系雑誌とは観点が違うなあというのが実感です。

 外国が素晴らしいとかそういうことではなく、

 レイアウトとか、色づかいとか全く違うので 、自社の作品だけれども、

 違ってみえました。私は海外の雑誌の大胆さが非常に好きなので、すごーく今回は嬉しかったです!

 それ以上にうれしかったのが「伝統技術と現代デザイン」という弊社のテーマをきちんと押さえてくださっていたこと。

 実際に私たちは現場に行っていないのですが、きっとご紹介してくださった方の説明や、

 理解しようと努めてくださった記者さんのおかげなのだと思います。

 ということで以下本の写真です。

 
f0088709_1814373.jpg
f0088709_18141439.jpg
f0088709_18142514.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2009-12-19 18:14 | 江戸切子
サロンという位置づけ
 趣味は読書の私が今一番気になるキーワードは

 サロン。

 来年の私のマイキーワードなんですが、

 先日のイベントで気づいたことが一つ、

 イベントに集まった人たちが交流したら、さらにすばらしい輪が広がるはず・・・。

 これではいっぱんてきな異業種交流と変わらないのですが、

 大きく違う点は

 同じ芸術品を見て感性が高まった状態で交流ができること

 つまり、17世紀あたりに海外でも日本でも行われてきた

 サロンのような雰囲気で交流できる場になれるのではないか・・・と気づいた点でした。

 さっそく、アマゾンで2冊購入。年末にサロンマスターになるぞ!と勉強する予定です。

 私がものづくりで一番大切にしている言葉は

 感動
 
 即興性

 で、サロンで音楽家が即興で演奏し、人々を感動させ、それが後世までつながっていったという流れを

 目指しています。

 人がつくるものは、形にとらわれるのではなく、

 自分の技術を用いて、それを表現できるかで、

 その一番美しい形が

 即興でできたものだと思うのです。

 ライブ感は、そのときその場のみという限定された中で生まれる、エネルギーが、作品を形づくるからです。

 そういう意味で、私は技術者がもっともっと、

 多くの人の前で、

 技術があるからこそできる作品を伝えていってほしいと願っています。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-12-12 15:17 | 江戸切子
さすがマスターヨーダ 江戸切子の力を知っていたね・・・
 おうちでクリスマス

 が今年のキーワードらしいですね。

 でも、こう書いちゃったら

 飲食店は嬉しくないと思う。

 マスコミの煽りにはほんと腹が立つなあ・・・。

 といえども、おうちでクリスマスは、弊社にとってはかなりありがたい。

 外で飲むよりもおうちは安い → その分、器をいいものに

 と、いう人も中にはでていらっしゃるので。

 先日のイベントにてクリスマス仕様のコーディネイトがあったので、

 ご参考にぜひ。

 固定概念を捨てて、自分の心に自由に楽しむ・・・

 このときのお料理の先生がおしゃった一言が

 「いい器はどこに何をおけばいいのかがすぐにわかるのよね」

 忘れられません。
 
 良いものを日常に取り入れる。その時に自分の感性を信じて見つけること。

 いやあ、書いていて、スターウォーズの

 「フォースの力を信じて!」って、ヨーダをなぜか思い出してしまいました。

 心で何事も見ないと、自分の力になりません。

 (さすがマスターヨーダ!)
f0088709_17175652.jpg

 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-12-11 17:18 | 江戸切子
連携イベント3~一緒にやることの意義
 コラボレーション

 という言葉の軽やかさが好きではないのであまり使わないというお話はしましたが

 一緒にものづくりをするということが

 どのくらい

 お互いのエネルギーを組み合わせるものか

 ということを目の当たりに今回しました。

 辻さんとは2年

 尾畑さんとは半年

 ですが、その間の密度はとにかく濃い。

 とにかくメールでも話すでも

 対話

 が中心でした。

 製品そのものはまあ、設計図なりあればきっとできるのでしょうが

 ものを生み出すエネルギーを連携させること

 この点が一番核であるということを学べたことは

 何よりの収穫でした。

 実は、当日まで什器のレイアウトはちがっていたのですが、

 3枚のパネル(職人さんの姿)を見てたら

 作品もそれぞれの什器に置いて、パネルに連携させたい!と

 そばにいた人たちで思って変更。

 あまりにぴったりだったので
 「おお!!」と感動してしまいました。

 その場のエネルギーですねえ。

 イベントの核はエネルギー連携!ということで、来年以降も実は連携イベント既に決まっているんですよ~
 今から自分が楽しみです。
f0088709_1451132.jpg
f0088709_1452739.jpg
f0088709_1454130.jpg


 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-12-10 14:06 | 江戸切子
連携イベント2~イベントの集客について~
 第一回開催が9月で

 連続3回だったのですが、

 その間の参加者の数は

 第1回 46名(1日だけ開催)
 第2回 90名(2日間)

 で、実は集客に大変悩んでいました。(といってもチラシ100枚配布くらい。あとはHPで告知だけなんですが)

 イベント参加者のアンケートの満足度は大変高くてほぼ100%だったのですが、

 その前に知ってもらうことが弊社の弱点でした。

 だからといって大勢の方にむやみに・・・というのも気が引けていて、

 誰でもとなってしまうと、またそれもこのイベントの趣旨である

 伝える

 がうまくいかないのでは?という危惧がありました。

 作り手と受け手がお互いに交流できること

 となると、マスへの訴えの方法では違うのでは?と私は考えていたからです。

 正直、お客様の来場が一番の心配で、1週間くらい不安でいっぱいでした。

 今回は口コミで、関係している会社の方々すべてが協力をしあって人をお呼びするという、
また弊社のお客様も協力してくださり、

 ご家族や友人や知り合いの方々を、

 そして、弊社にかかわっている会社さんの方々も今回はご参加くださり、

 第3回目は250名以上(2日間で)

 の来場になりました。

 はがきの配布枚数200枚のみだったんですが、あとは、お客様がお客様を呼んでくださったおかげで、

 人数がぐっと増えました。

 やはり、口コミの効果と皆様のご協力が一番の強さだと認識。

 来年もまたイベントは開催しますが、参加者の方々のご協力あってのことだと、

 あらためて感じさせていただきました。

 それを報いるためにも、

 さらに充実したお客様に楽しんでいただけるコンテンツづくりをしていきたいと思います。

 
f0088709_117427.jpg


 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-12-09 11:07 | 江戸切子
連携イベントその1
 昼間、書いたんですよ~

 すごくイベントについて長く・・・

 アップしたつもりが消えていて、

 今見たら・・・アップされてないじゃん・・・今からもうあの熱い文章は書けないよ・・・

 パトラッシュもう僕は疲れたよ・・・

 ということで、

 写真だけまずはアップします。

 美しいテーブルコーディネイトのお話や

 真の連携とは

 セミナーとは

 書きたいことは続けて毎日書きます。

 まずは美しいテーブルコーディネイトの一部を。

 がっかりしすぎて何も浮かびません!
f0088709_22434322.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2009-12-04 22:43 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧