カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
連携セミナー 
 セミナーを今まで2回開催してきまして

 どのようなお話にするか!

 は、結局セミナー開催の朝まで考えることになり、

 電車の中で制作しています。

 私がセミナーで大切にしていることがライブ感で、

 セミナーというものは

 お話をする人、お話を受ける人、双方が調和して生み出される

 オケのようなものだと考えているからです。

 お客さんの感じ方(たとえばうなずき方)やそのときの年齢構成で、実は話はすぐに変えています。

 セミナーのときはほぼ私は司会なんですが、

 本当のベストは、

 お客さんの個性が表されるような場をつくること

 で、、その場に一緒にいるこのメンバーだからこそ生み出されるセミナー

 ができればそれが一番なのです!

 今回は連携セミナーのためお話をする人がとにかくいろいろ。

 せっかくだったらお客様も巻きこめるようなものにしたいなあと考えています。

 というわけで

 28日の朝電車の中で最後のまとめをすることになりそうなのは間違いありません!
[PR]
by littlehanashyo | 2009-11-26 20:58 | 江戸切子
伝統工芸伝道師
 ものづくりのリアルイベントの特徴は

 複数の会社でイベントを開催しているということで、

 三回目は一番大きく

 有田焼、日本酒、江戸切子、料理の連携となっております。

 他にも和紙、瓦の方も一部協力をいただいております。

 弊社が今回はプロデュースをしているのですが、
 
 一番気を付けていることは

 現場の空気を無くさないこと

 これに限ります。

 作品を見るときに説明はたしかにしますが

 工芸の場合は

 心で見るべき

 という考えなので、

 作品から現場の空気を感じさせられることができなければ、
 それは工芸品としてはアウトだと思っています。

 実際、先日のセミナーのアンケートなどを見ると
 「伝統工芸を買う時に見るもの」の一位は

 「デザイン」

 なんですが、デザインだけの判断の方はおらず、

 必ず「高度な技術」だったり「文化性」だったりと、

 組合せとなっていました。

 デザインが形に対し、

 技術・文化性などはそのまま表れるものではなく

 心に届くものです。、

 工芸品は機械品ではないのです。

 大量生産が可能なものではないのです。

 数を売ることが使命だと私は思っていません。

 大切なものとして理解してくれる方を見つけることが、私の仕事=営業だと思っています。

 今は、まるで戦国時代のキリスト教の布教活動のようなもので、

 一人ずつに少しずつ「工芸品のリアルを知ってください」と伝えていますが、

 工芸品の本来の姿を伝えるべく伝道師として進んでいきたいと思っています。

 嬉しいのが1回目、2回目と参加し続けてくださる方がいらっしゃること。
 
 今回はセミナー後にお楽しみもありますよ~

 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-11-26 01:07 | 江戸切子
佐渡日記②
f0088709_16335445.jpg
 佐渡日記②は
 
 日本酒づくりを見た感想です。

 今回は佐渡は真野新町にある尾畑酒造さんへお邪魔しました。

 専務取締役の留美子さんとお会いしたのは5月だったんですが、
 この半年で毎日に近いメールのやりとりなどをやらせていただきまして、
 
 図々しくも「日本酒を勉強させてください!」と 強行に訪問をさせていただきました。

 杜氏さんたちの朝は5時からで、泊まり込みの方もいらっしゃるということです。

 日本海の朝のきりりとした空気の中、てきぱきと杜氏さんが動きます。

 男性ばかりで、その動きは、たとえるなら「武士」。

 無駄のない流れるばかりの動きの中で、ほかほかのお米が杜氏さんたちの手によって、

 日本酒の素材

 となっていきます。(写真参照)

 そして、その素材に麹菌がふりかけられ、さらに日本酒の素として変化をしていきます。

 お米を蒸している場所は温度が低く、

 お米に麹をまく場所は、28度と暖かい部屋で、

 その場所を行ったり来たりするために、

 杜氏さんは健康でなければならない、そうです。

 私なんぞは数分いただけで、後に鼻がずるずるとなりました。(失格・・・)

 そして、仕込みの合間に、そうじがはじまります。

 ほとんどの作業がそうじということで、

 ものづくりの環境も自分たちで整えていきます。

 今回拝見しまして感じたことは

 「伝統のプライド」という一言でした。

 ものづくりは技術もさることながら、人が関わっている以上、

 人の心

 が作品には必ず表されます。

 日本酒を味わうその一口のために、こんなに人々が自分の仕事にプライドを持って動いているのだ

 という当たり前のことを今回は再認識しました。

 曇り空の下、朝の静謐な酒蔵に、自分の使命を全うすべく毎日動く杜氏さんの姿。

 それを見ることができた自分の幸せ。

 人を感動させるのは、自分の使命を知っている人と、そのままにある自然の2つなのだと

 佐渡では学ぶことができました。

 佐渡での経験をイベントで少しでも表現したいと思っています。

f0088709_15574555.jpg
f0088709_16342184.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2009-11-23 16:34 | 江戸切子
初心者のためにできること
 実は今週はじめに

 佐渡に行ってきました。

 来週 江戸切子と有田焼と日本酒イベントを

 表参道で開催致しますが、(詳しくは展示会HP

 その日本酒づくりをしている

 佐渡は尾畑酒造さんのところに勉強をさせていただきに行ったのでした。

 初日は、ジェットフォイルに泣かされ(風が強く、はじめて乗り物に乗って泣いた・・・)

 でも、尾畑さんの社長さん曰く

 「降りてすぐに食事が取れるとは・・・」とあきれられ、(「どこが船酔いだ・・・」ときっと心の中で突っ込まれていたはずです)

 2時間以上、奥様にマンツーマンで、

 「日本酒とはどういうものか」について、本物の知識をレクチャーしていただき、

 終わった後は

 何種類ものお酒を利き酒して、漬物と食べ、お菓子を食べ、

 夜は佐渡文化の研究家の方から「佐渡と江戸の共通点とは」などをまたまた教えていただき、

 ・・・こんなに満喫していいのだろうか、私が・・・。

 という出張でした。

 「学ぶ」とほんとに面白い!

 私は日本酒に関して、以前に「浦霞が好きなんですよ~」と話したら

 日本酒好きと称する人に「日本酒をわかっていない」発言をされ、以来、

 外で日本酒は絶対にのまない宣言をしていたのですが・・・

 今回の旅で、社長さんが

 「好きか嫌いかでいいんですよ。自分がどうかなんですよ」と

 おしゃってくださって・・・目からウロコでした!

 日本人はもっと日本酒をきっと飲みたくて、もっと知れば、もっと人に伝えたくなって、

 まだまだこれから、日本酒は普及するべきだよ!

 と・・・自分の本業を忘れ、

 勝手に「初心者のための日本酒普及委員会」を一人で設立することにしました。

 尾畑さんのレクチャーは本当にわかりやすく、

 日本酒の基礎を誰もが身につけることができます。

 (全くの素人の私が今は一人で酒屋さんでラベルを見て選ぶことができるようになった)

 やはり、家業でその中で育った方で、初心者の方に「楽しんでいただきたい」という思いで
いらっしゃるので、

 すごーくダイレクトに伝わるのです。

 現場の人間だからできることをもっとしてけば、

 私たちも楽しいし、消費者の方も楽しいと・・・今回の旅で再確認。

 酒づくりレポートはまたご後。

 (すっごいかっこいいんですよ~私は杜氏さんたちに惚れました)

 写真は佐渡にある清水寺。こんなに素敵な風景が、日常になじんであるとことが佐渡の魅力でした。
f0088709_18544012.jpg
f0088709_18545338.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2009-11-21 18:54 | 江戸切子
11月28日29日は表参道で江戸切子と楽しもう
 「ものづくりのリアル」の三回目になりました。

 毎月開催していましたが

 お客様からのアンケートのご意見のおかげで

 イベントの内容もどんどん変わってきます。


 まず、今回の変化は

 「動画」での説明。

 プレゼンで動画を使うことはしていなかったのですが、

 はじめて取り入れます。

 私も現場にいたのですが・・・

 「カットってこんなふうにやってたんだ!」と

 撮ったものを見て感動・・・。

 何が感動って、ここではまだ言えないのでぜひセミナーで見ていただきたいです。

 
 この動画も先日のイベントでアンケートを書いてくださった方のご意見で制作。

 お客様と共につくりあげているイベントなんだと実感をしています。

 セミナーでお客様が楽しくしてくださると、場ができ、その空気がイベントの空気になります。

 その空気をお客様が感じてくださり、エネルギーにしていただければ、何よりで、

 作品からのエネルギー

 職人からのエネルギー

 お客様のエネルギー

 この3つが循環できると、ものづくりは絶対に活性化する!と私は信じています。

 売上をあげることがビジネスだから必ずはあるのですが、

 「楽しい」と感じることでなければ、絶対に滅びの日が来ると思います。

 途中だけ読むと、すごーくスピリッチュアルな内容なんですが、

 ぜったいにここはものづくりで忘れちゃいけない部分なんだと確信してます。

 キーワードは「面白い」!

 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-11-13 12:11 | 江戸切子
中小企業総合展に出展しています
 昨日から

 ビッグサイトで開催している

 「中小企業総合展」に出展しています。

 今までいろいろな展示会に出展していますが、私個人はこの展示会が一番面白いと思う。

 前のブースの方にチタンについて教えていただいたり、

 それぞれの専門性が高いので、非常に勉強になる。

 こんなに元気で発想豊かな人たちが日本にはたくさんいるのだ!と知ることができる。

 明日まで開催なので、東1ホール C-37になります。(明日は16時までです)

 お立ち寄りいただければ幸いです。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-11-05 22:44 | 江戸切子
道具について
 明日からは

 ビッグサイトの中小企業総合展に行ってきます。

 昨年ここで輪島塗の藤八屋さんをはじめとするたくさんの方にお目にかかりました。

 技術系企業さんが多いので自然と

 工程の話が多くなるのですが、

 「ダイヤモンドのグラインダー」といったときに

 この展示会の参加者の方は

 「ああ」と説明なしに納得される方率が非常に高い!

 やはり「ものづくり」さんたちはいいです。楽しいです。

 で・・・あらためてグラインダーです。

 グラインダーの幅でカットの繊細さ、大胆さを調節します。

 切子の基礎道具。命ですね~

 

 
f0088709_18534296.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2009-11-03 18:52 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧