カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ランプの魔法
 タイトルだけみると、アラジンがでてきそう・・・

 なんですが、新しいランプが次から次へと登場するので、商品写真が間に合わず・・・。

 気に入っていたランプなんて一日店においてあったら翌日「売約済み」がついていた。

 ほんと、魔法のようにランプができあがってくるんですよ。
 工房から。

 技術力って、クオリティの高さもそうなんだけれども、

 速さも技術力の一つだと思う。

 ゆっくりやってぐねぐねこねくりまわしてすっごい凝ったのつくる人もいるけれども、すみません、個人的にはそれは技としては違うと思う。

 やっぱり、すぱっとそのときの雰囲気で、かたちをつくれることのほうが技術力でしょう。

 実力のある武士は、無駄な動きなく相手をしとめたというし・・・技って古今東西、古来からそういうものをさすんだと思ってます。

 そのむかし、卒業論文のあと、口頭試問にて、教授たちに

 「いやあ、名前を見ないで審査したから、男の子が書いたものだと思ってたよ」

 といわれたことのある私。

 研究分野は、鎌倉の武士。そして批評にも「武士のように切れ味が文章にもありました」と・・・。

 やはり、武士の子は武士?

 ちなみに、今悩みながら書いている論文は、やっぱり

 のろくて、こねくりまわして、何がいいたいんだよ・・・きみ

 と思ってしまうくらいのものになっています。

 技と磨くには精進あるのみだ!

 ちなみに下の写真は、私はじめての写真デビュー。
 商品写真撮影合格したんですよ!

f0088709_1148886.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-28 11:48 | インテリア
最近あの人はCMにいっぱいでてますよね~
 あんまり実はテレビは好きじゃありません。
 読書のほうが好きなので、テレビを見る時間がもったいないと思ってしまうのです。

 そういう私が欠かさず見ている番組は4つ
 
 みのもんたの朝ズバ(朝はみのさんの意見を聞かずに出勤できない)
 
 プロフェッショナル(日々がんばろうと励ますために)

 ハケンの品格(自分も派遣さんの頃があり、共感しながらみている)

 華麗なる一族(山崎豊子先生のテレビ化はすべて見ます!)

 しかし。

 番組以上に楽しみにしているCMがあるのだ。
 ビデオにとってダビングしようかなあと検討しているくらいに惚れているCMなのです。

 キムタク主演。ギャツビィのCM。

 手品もかっこいいのだが、最後に舌をだしたときに、胸がどきどきしてしまう!のです。

 あれだけ人を惹きつける魔性(というか努力かなあ)の技はキムタク以外いないと断言します!

 やっぱり、仕事は情熱を持ち、技の努力を惜しまず正々堂々としている姿に人は惹きつけられるものだと認識している最近です。

 (というか、上に書いたドラマすべての共通項目ですね・・・)
[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-26 17:46 | 江戸切子
なめらかな江戸切子
 今日は一点モノ企画の日です。

 発見しました。一点モノだったのですが・・・来年の頒布品に関わりがあるものなので、
頒布品の発表と同時に行います。

 近々、今年の頒布品もご紹介。
 今年のは今までのものと違って、

 なめらかな感じです。

 全然わからないですよね・・・。

 ご興味がある方は、店頭ではこっそりと紹介してますので(つまりできたばっかり)。

 なめらか・・・といえば、

 久しぶりに、グ○コのぷっちんプリンを食べました。

 思わず!
 「スタンダードなプリンだ!」と感動しました。

 このところ、コンビニでさえも、プリンが

 とろけたり、なめらかだったり、固い(?)プリンがなかなかないじゃないですか!

 ふつうのプリンがすごくうれしかったんです。

 さらに好みをいえば、昔ながらの洋菓子屋さんのもう少し、かたさのあるものが好きなのですが。

 人間って、新しいもができると古いものに心がひかれ、また新たなものがでればそちらにひかれ・・・そういうもんなんだなあとプリンで実感。

 (このとこと、毎日、悟りをひらいているけれども、大丈夫か!わたし)

 
[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-21 11:37 | 江戸切子
道に迷って悟った日
 先週、用事があって某新聞社へ。
 勝手な思い込みで

 ビルの上のほうに○○新聞社 と書いてあるにちがいないと思い、

 ずっと上を向いて歩いていました。

 徒歩5分の予定が、徒歩20分くらいたっても着かない。

 さすがに道をまちがえたんだと悟り、引き返したところ、目線の位置に看板発見。

 上ばかり見てちゃだめだ!足元を良く見ろ!

 と神に諭された気持ちでした。

 というわけではないのですが、

 やはり、江戸切子も技術を大切にすることが一番重要ではないかと思い直しました。

 HPの導入から、検索に関する競争とか、HP上の宣伝にあくせくしたときもあるけれど、

 やっぱり、モノ創りの原点は

 良いものを丁寧に創る

 だと思いました。

 今まで以上にその気持ちを忘れないようにしようと、

 雨の中で20分さまよった私の悟りのお話でした。
 人生に迷ってるときは道にも迷うべし!
 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-20 15:40 | 江戸切子
ロストゼネレーションだよ・・・とほほ・・・
 突然ですが、

 わたしはロストゼネレーション世代です。

 不況、就職難、夢なし世代。

 でも、今は家業だけど、江戸切子の仕事して、大学で研究をして、好きな本いっぱい読んで、
ともだちと話して、だんなさんとも仲良く暮らし、

 毎日心豊かに過ごしています。

 だから、なんだかんだいっても、絶望しないこと、続けていくことが一番だなあと。

 人や社会のせいにしないで・・・と最近思うようになりました。

 散々「社会がわるいんだよ」とか「あの人よりも私のほうがいいのに!」と心せまく生きていたんですけどね。

 父も40年以上続けてきました。その技とセンスに触れると、やっぱり、「続ける」という意地とか、夢とか、いろんなことを感じます。

 ゆっくりお酒をぐいのみで飲みながら書いているのでなんだか酔っ払いの文章ですね。
 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-18 19:29 | 江戸切子
商品のご紹介
f0088709_1042194.jpg
 すみません。
 お手軽一点モノなかなか見つかりません。在庫中あさっているのですが、
発見できず。

 だからといってコレクションモノのばかりでは・・・企画として違うだろうということで、

 新たに出現するまでは、新商品のご紹介をさせて頂きます。
 興味がございましたらご連絡を!

 本日は近々ご紹介させていただく予定のコレクションラインの

 宝石箱です。
 
 宝石箱 紅色
 サイズ 直径18cm 高さ6cm
 値段  ¥315,000

 写真では1段ですが、店頭では2段のものもあります。

 勝手なイメージなのですが、なんとなく、この宝石箱を見ると、中国の皇帝の寝殿の、黒い塗りもののテーブルの上に威圧感を持っておかれているような・・・そんなイメージを持っています。

 イメージがわというのは、作品自体にエネルギーを持ったもので、
それが見た人の心に働きかけるから実現します。

 Hpからでも伝わるといいのですが・・・。

 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-14 10:42 | 江戸切子
魂を感じる
 先日、ジュエリーをお買い上げいただいたお客様からのお話なのですが、

 華硝のジュエリーをつけていたら、お店で知らない方に、
 
 「魂を感じるジュエリーですね」

 と話かけられたそうです。(占い師・・・だったのかもしれない)

 そのお客様にお買い上げいただいたジュエリーは父の初期の作品で、はじめてジュエリーにチャレンジした頃のもの。

 勢いとか、初めてのものへの意気込みとか、きっといろいろな心があわさって創られたものなのでしょう。
 実は私も一番気に入っていた作品でした。

 でも、父のいいなあと思うところは、自分が創ったということを前面に押し出さないこと。

 正直、批判になりますが、よく切子も、○○さんの創った作品と書いてあるものもありますが、
日常に使って欲しい、飾って欲しいという願いが私にはあるので、人の名前が前面にでるのはあまり好きではないのです。

 個人的な意見ですが・・・。

 自分の領域に作者が入り込んでくるようなそんな気がしてしまうのです。(切子とか工芸品に関してですが)

 教えられなくても父の作品はわかります。
 
 お客さまも、「どこで見ても華硝さんのだけはわかる」といってくださいます。

 そういう切子が創られている工房で育ったことに誇りを持っています。

 何度も書いていますがこれは個人的な意見で、作者名がきちんとわかったほうがいいという方もいらっしゃると思います。

 
 
 
[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-13 13:02 | 江戸切子
売り切れ報告
 水曜日にご紹介致しました新商品

 徳利セット 麻の葉

 はSOLD OUT しました。

 次にできましたら、ブログにてご案内させて頂きます。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-10 13:11 | 江戸切子
バレンタインデーと江戸切子
 性格的に、こうしたベタなテーマで書くのはキライなのですが、あえて書いてみました。
 このテーマ。
 基本的にはひねくれものなので・・・。

 毎年毎年、知らないブランドのチョコレートがこの時期になると、お店にあふれるのを見て、

 ビジネスなんだなあ

 とつくづく実感します。

 むかしなんて、ゴディバかデメルしか知らなかったのにねぇ。

 私もはやりものは大好きなので(批判しているくせに)、イギリスに行ったときに、皇室御用達マークのチョコレートのお店に行ってきました。
 
 味はぜんぜんおぼえていないのですが、今でも手元にあるのが、かわいいパッケージ。

 しっかりしたパッケージ。派手なピンクと、鮮やかなブルーのしっかりした箱。
 今でもあまりの美しさに物入れとして使用してます。

 チョコはなくなるけど、パッケージなら残せる!

 ちなみに一昨年のアフタヌーンティーのチョコパッケージ(木の箱)もまだ使用中。

 ということで、江戸切子をパッケージにしたらどうでしょうか。

 クラシックラインぐいのみに、小さい銀紙のチョコをつめてプレゼント。

 チョコにお金かけるのもありですが、パッケージにふんぱつするのもおしゃれじゃないかなあ。

 と、ふと昨日デパートのチョコ売り場をウロウロしながら思ったことでした。
[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-09 11:55 | 江戸切子
麻の葉 徳利セットができました
 今の住居の目の前がショッピングモールで、その中に映画館があります。
 徒歩3分。
 夜思い立って見に行くか・・・と思い、見たのが「マリー・アントワネット」。

 感想は、
 「ベルサイユのばらはストーリーとしてすばらしかったのだ」ということ。
 
 別の作品の良さに気づいたというのが私の素直な意見です。
 画面にでてくるお菓子はすごくかわいくて、キュートで、楽しめました。

 でも、気づいたのが色のこと。
 普段江戸切子のきりりとした色、はっきりした色に慣れているせいか、画面にでてくるブルーとかピンク、淡い色を見ていると、日本と・・・というよりアジアとヨーロッパの文化の差を感じました。

 アジアの色は、インドの黄金色の輝きや、韓国の発色の濃い赤だったり、
鮮やかな色合いのものが多いと思います。以前にも書いたことが、映画を見て、確信に変わりました。

 長々書いて、一点モノ企画のことをごまかそう作戦のようになっていますが、今回はちょっと趣向を変えて、

 まだHPでご紹介していない商品を本日販売致します。

 店頭でも1つしかまだないのですが、

 徳利セット 麻の葉 紅色
 大きさ 直径6.5cm 高さ5.0cm
 値段 ¥63,000

 明日か明後日にはHPでも登場しますので、本日中のご注文でしたら早い者勝ちです!(店頭で売り切れた場合にも終了です)

 麻の葉のくっきりとしたカットが、江戸切子に映る姿は艶やかな華のようです。
 お酒入れたら、ゆらゆらそれがゆれるのでもっと美しい姿になります。

 ご検討下さいませ!
f0088709_11175259.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2007-02-07 11:18 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧