カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
大人の江戸切子
 今年も残り数日早いものです。
 
 来年度にむけて、江戸切子も新企画を立てないといけないなあといくつかの案を考えました。

 リリースは来年に・・・お楽しみにしてください。

 さて、テーマである大人の江戸切子ですが、江戸切子もコンセプトをもって使うと面白いと思います。
 洋服のコーディネートではないけれど、今日のテーマは「ロンドンのパブリックスクールの女の子!」と決めたり、「今日の気分はクラシック」とか・・・テーマにそったものを選ぶ楽しさがあると思います。

 今日のキーワードは 雨・大人・夜・フィリップ・マロウ・N.Y・夜景

 だったら、皆さんは何を選びますか?(HP参照で)


 私だったら、オールドグラス トライアングル 葡萄色 ですね。
 琥珀色のバーボン(飲めない方は代用で麦茶)を片手に、推理小説をじっくり読むシチュエーション。もちろん外にはマンハッタンの夜景がしっとり濡れる夜の風景。

 妄想江戸切子セレクションを楽しんでください!
[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-26 16:26 | 江戸切子
江戸切子のランプパート2
 ランプがお店に増えました。
 最近は映画を見てもすぐにランプの目がいってしまい、お話の内容がわからなくなる始末。
 外国映画を見ると、ランプがお部屋にいっぱい飾ってあって、やはり、日本は行灯の国なんだなあと実感してしまいます。

 和紙のランプの薄明かりももちろん素敵だけど、私の好みは和洋折衷なので、ランプに関しては西洋風のものが好きです。
 鹿鳴館なんて、今あったら感動してしまうなあ。ちなみにお気に入りの建物は御茶ノ水のニコライ堂なのです。日本にあう西洋風の建物ということで。

 江戸切子のランプのよさは、和風でも洋風でもない和洋折衷な、不思議な魅力です。
 私が宝くじあてたら、絶対、江戸切子しか使わないバーで、江戸切子ランプの店経営するんだけどなあ。



 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-22 00:14 | 江戸切子
ぐいのみ大好き!
 近所のインテリアショップに、すごく小さいおわんとおはしを見つけ購入。
 お正月の玄関の飾りにしようと思っています。

 小さいものになぜか弱いので、ついつい、用途よりも大きさにひかれてモノを購入することがしばしばあります。 
 
 日本酒飲まないのにぐい呑みをそろえてしまったりとか・・・。

 でも、このちんまりとした感じというのはとても日本的だと思うのです。
 
 イギリスに行ってたときにも小さい宝石箱とか、お皿とかカップも見たけれど、それらはミニという表現であって、こじんまりという印象ではなかったんですよね。

 ミニというと大きいものがそのまま小さくなったようなイメージだけれども、ちんまりというと、雰囲気自体も小さくなったような印象受けませんか!?

 小さい中に、繊細なカットがほどこされているのを見るのが好きなので、私はぐい呑みが大好きです!

f0088709_13484134.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-20 13:48 | 江戸切子
完売!
 4月から開始したジュエリーですが、あっという間に完売いたしまして12月に第2弾を制作。
 12月もたった2週間で全て完売いたしました。今回は20個ほどあったのですが、早かったですね・・・。
 第3弾に関しましてはHPにてお知らせいたします。

 クリスマスシーズンになると雑誌でもジュエリー特集が組まれますが、(自分にごほうびですね、もっぱら私は)どの雑誌も同じブランドのものしか取り上げていないのは残念。

 私も好きです。グッチのリングを買おうかなあと迷っているし。
 だけど、人と同じものをもって安心。よかった。といったチープなおしゃれ感は持ちたくない。

 この間、バーバリーブルーレーベルで買ったばっかりのスカートをはいていたら、たまたま同じスカートをはいている人と隣あってしまい、すごく気まずいと思いをしてしまいました。まるで、双子ちゃん。お互いいやだったなあ。

 気に入っていただけにショックな出来事でした。
 それ以来、そのスカートをはくのがちょっと怖くなっています。

 ほんとうにすごい偶然だけれども、ブランド物はそのような可能性を持っているもんなんですよね、日本では。

 だからというわけではないけれど、ジュエリーだけは、江戸切子のものを使用しています。小さい頃からなじんでいるゆえに、やっぱりしやすい。

 そいういう自分がよく理解できるものを探すことの大切さを最近学ぶようになりました。

 第3弾をお楽しみに!
[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-16 14:45 | ジュエリー
どうしても買ってしまうもの
 衣食住とある中で、人によってお金をかける度合いは違います。
 もちろん、アラブの大富豪の奥様だったら、そんなこと考えずに、

 「このデパートまるごと買います」

 ですべて完了なのだけど。

 庶民はやはり、うーん、どれに比重をかけるべきか!と悩むわけです。


 私の場合、財布の紐がむちゃくちゃゆるくなり、思い切りがよくなってしまう場所は、本屋さん。

 本に関しては金銭的ハードルがかなり低い。
 欲しくなれば「ま、いいか」と自分に甘くなり、レジへとつっぱしっていってしまいます。

 人によってこれは違うんだろうなあ。

 江戸切子に関しては、「うーん」ってかなり悩むのにね。

 そんな私でも欲しいなあと思うのが、一口ビールグラス5色。

 5色揃うと、それはそれは美しい別世界のものになる。きらきらした宝石が5つあるみたい。

 お金もちだったら「この店にあるもの全部!」っていえるのにさ。

 ということで、庶民はささやかに「毎年セールで1個ずつ揃えるよ」と、今年は水色をGETしました。

 本買うお金節約すれば、来月にはもう2こは買えるのにね・・・。
[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-15 14:39 | 江戸切子
一点モノご好評
 セールの商品が少なくなったので、一点モノ展用に取っておいた品物もセールにだしました。

 あっという間に完売でした。3か月分・・・・。

 来年からどうするんだ!と考え中ですが、うれしい出来事ではあります。

 一点モノをお買い上げくださった方の多くは

 贈り物用でした。

 人に差し上げるのに、やはり通常にないめずらしいものを・・・というお心遣いからでしょう。
 HPにもないからお値段もわからないところもポイントかな。

 一点モノ企画は来年の中旬から再び開始いたします。それまでにストックをしなくては!

 これも一点モノ。水色は写真に写すのが難しい・・・。実物の水色はかなりきれい。
f0088709_13392015.jpg


 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-13 13:39 | 江戸切子
江戸切子のランプ
 最近写真を掲載していなかったので、今日は写真を掲載しました。
 
 ランプ写真です。
 これなら様々なお部屋のインテリアに似合うと思います。
f0088709_1254394.jpg

 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-09 12:05 | 江戸切子
江戸切子ジュエリーのこと
 冬になったので、私専用のジュエリーをしようと思い、今、革紐をつけました。真っ白の江戸切子のジュエリー。
 ガラスの冷たい感触と、きらきら光る輝きは、まるで本物の氷のようです。

 やっぱり、人と違うもの・・・というよりも、自分が見つけて気に入ったものが欲しいというのが人の気持ちなのかなと思います。

 例えば、ブランドものはかっこいいし、欲しいなあと思うけれど、それよりも一番欲しいのは自分に似合うもの!

 雑誌のまんまのファッションは、自分にぜんぜん似合わないし、安心感はあるかもしれないけれど自然な雰囲気にはならないし・・・。

 江戸切子のジュエリーも色もカットも人によって似合うものは違います。

 赤いのはすっごい男の子に似合っていたし、瑠璃色は女性を神秘的に見せてくれる。
 形も涙型のものはやさしく見せてくれるし、ひし形のものはしっかりした印象を与えてくれる。

 自分をどう見せるかによって全く違うものを選ぶことになります。

 ジュエリーのことを書いてきたけれど、これは器を選択するときも同じかもしれないです。


 いよいよ17日でセールは終了です。
[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-06 17:06 | 江戸切子
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧