カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
お店がきれいになりました!
 昨日からお店のディスプレイを変えました。
 新しい棚は明るい色合いのものになり、商品が見やすくなりました。
 
 商品の並べ替えをしながら、ふと
 「お店には何点くらい商品があるのかなあ」
 と疑問がわき、数えてみることに・・・

 さて、問題です。何点くらい現在お店にはあるでしょうか?

 (チ、チ、チ、チ・・・・チーン)(時計の秒針の音のつもり)

 答えは・・・正確に数えられなくて(点数が多いのですよ)

 約200点以上ありました。これはディスプレイされているものだけの数です。

 自慢します。「これだけ江戸切子を一度に見ることのできるお店は華硝だけです」

 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-30 18:19 | 江戸切子
GWの華硝営業に関して
 GWの営業時間のお知らせをここで。

 GWの華硝は
 朝10時から夕方5時まで営業しております。
 いつもは1お昼休みとして12時から13時のお休みをいただいておりますがGWにおいてはありません。
  
  いつもと違いますので、ここでお知らせいたしました。

  仕事がらなのですが、「美術」と書いてある本にすぐひかれます。
  それから「江戸」。今日も本屋さんで、欲しい本だらけになってしまい、欲望をおさえるの    に、かなりの労力を使いました。

  最近は、漫画なのですが「さくらん」がお気に入り。(映画化もめちゃめちゃ楽しみ!!イメージ通りの役者さんがそろっている!!)
 
  江戸切子のぐいのみでお酒を飲みながら、「さくらん」を読むのが、私のマイブームです。


  

 

 
 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-24 21:37 | 江戸切子
母の日の江戸切子
 そういえば、来月の14日はははのひですね。(ひらがなで書いてみました)

 ははのひといえば、カーネーション。

 は、定番なので、江戸切子のカーネーションをおすすめします。
 写真の切子です。どーですか?

 実は、こちらのデザインは「麻の葉」なんですが、赤いものに関してはカーネーションにみえませんか?みえますよねー。みえます!

 
f0088709_22272051.jpg

 
 
 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-22 22:27 | 江戸切子
海外へのお土産~ありがとうペリー~
 よく江戸切子の説明など読むと、

 「ペリー提督もその美しさをたたえ・・・」のような表現がでてくることがある。

 ペリー=黒船
 と、中学校歴史の知識のイメージだが、考えてみれば、ペリーは異国の人。つまり、異国の人は江戸切子のよさを理解できるということではないか!?

 ということで、海外のお土産に江戸切子をお買い上げくださる方が多くいらっしゃって、

 「ペリーの頃からそのよさは外国で認められていますから!」

 と自信を持ってお勧めしております。

 私も何度か外国に行ったときにお土産に持っていっているのですが、みんな本当にすごい喜びます。

 「まるで絵に描いたみたい」「細かい」「美しい」とは今まで言われた台詞ですが、

 「世界中によさは伝わるものなんだなあ」とうれしく思いました。

 ペリー、ありがとう。
 あなたのおかげだよ。

 と思いつつも、「ペリーは日本人に対し高圧的な態度をとることにした」という一文を本で読み、「高圧的はなあ・・・」とちょっと思い始めた今日この頃です。
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-20 18:36 | 江戸切子
答えは・・・
 先日の問題の答えは・・・

 ぐい呑み アクセサリー入れ シュガーポット 珍味入れ(おさけのさかな)
 薬味入れ キャンドルホルダー 花びらをうかべた花びん デザートの器(小さなデザート) インテリアの飾りとして ・・・などなど

 いくつぐらい考えつきましたか?
 
 ぐい呑みというと、どうしても「日本酒」というイメージがあるとは思うのですが、私がイギリス人におみやげにあげたときに、彼女が、アクセサリーをいれて使ってくれていて、

 「あ、こんな使い方もあるんだ~」

 と思いました。
 外国の人からみると「小さな器」なんですね。

 「江戸切子を現代に・・・」企画はこれからも続けます。
 こんな使い方ありますよーというご提案お待ちいたしております。

 採用されました方には素敵な商品をプレゼント。
 写真つきでお願い致します。

 「江戸切子普及委員会」委員長より

 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-19 15:59 | 江戸切子
江戸切子の使い方
 さてさて、「江戸切子を現代に・・・」が今回のテーマです。
 勝手にはじまりました。このテーマ。

 「高い!もったいなくて使えない!」という数々のお言葉も何のその。
 江戸切子普及委員会として(会員1名)このテーマについて考えてみたいと思います。

 それでは・・・
 
 問題

 写真にあう江戸切子の使い方を3つ以上考えなさい。
 答えは・・・また明日。

 今日一日江戸切子にふりまわされてみてください。

 
f0088709_22231395.jpg


 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-17 22:27 | 江戸切子
SWEET TEN 江戸切子・・・
f0088709_16324692.jpg
 作品展にご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
 予想以上にいらしていただきまして大変うれしく思っております。
 心機一転。
 新たに次なるステージへと向かっていきたいと思っています。
 これからもご支援・ご指導よろしくお願いいたします。

 ・・・お話は変わり。
 お店でよく受けます質問に
 「ガラスはこわれやすいですよね~」
 というものがあります。

 私のモットーに「形あるものはいつか壊れる」というものがありますが、ガラスがこわれやすいのか・・・といえば、どうなんだろう?
 陶器や磁器よりも確かに割れるというイメージが強いかもしれません。

 ドラマとかでもワイングラスが壊れるシーンとかあるし、壊れると粉々!という印象があるのかなあ。

 ガラスといっても材質によってなので、うちで用いてるガラスに関しては「壊れにくい」と思います。
 今までの地震でも壊れたことないし、何よりも証拠あり!!
 
 今回の写真のプレート。10年前のものです。
 今でも愛用。

 たまーに、床に落としたこともありますが、無傷です。
 くもりもないでしょ?ただの家庭用洗剤にスポンジでこの美しさ!

 結構、ガラス・・・江戸切子はイージーに使えると思います。
(ただし、しつこいが、手磨きで創ったもの以外はだめです。薬品仕上げのものは、酸によりもろくなっているから)

 あんまりにも気を使いすぎて器を使っていると、なんだか器に支配されているような気がしてしまうときってありませんか?(私はあります。器にひれふしているような小市民の自分が・・・)

 お気に入りの器を普段使いに・・・というお考えの方は是非一度華硝の切子のご使用をおすすめします!
お友達感覚で使えますよ。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-11 16:32 | 江戸切子
華硝江戸切子作品展開催中
 本日から3日間作品展開催です。ホテルニューオータニにて。
 夜8時まで行っています。
 お気軽にどうぞ。

 歴代作品展の写真整理・・・というのが、亀戸店に残された私のお仕事なのですが、いやあ、すごい歴史の流れを感じますね。

 作品のレベルが年々上がっている!!

 たとえば、華硝オリジナル紋様の「糸菊つなぎ」。年をおうごとに繊細でよりシャープになっています。

 歌舞伎も、40代では洟垂れ小僧らしいですが(また、うろおぼえ・・・)、
芸の道には年輪が必要なんだなあとつくづく思います。

 ただ年をとればいいってもんじゃなくて、より本質に近づくよう努力するという意味ですが・・・。

 今日あるものを乗り越えていく姿を常に見ることができる私は幸せものです・・・。
 
 

 
 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-06 10:17 | 江戸切子
華硝の江戸切子のランプ
 私の所有している江戸切子ラインナップ。

 ぐいのみ3つ。
 1つはコレクションラインのもの(世界に一つだけ)
 2つ「華つぼみ」(紫とグリーン)

 焼酎グラス玉市松(紫)。

 以上。
 たった4つだけ。これから増やす予定。次回お買い求め予定は、焼酎グラスローズ。
 25000円なり!(消費税は社割りしてもらう予定・・・)
 しかも、またしても焼酎グラス。

 今日もお客様のおすすめしてしまいました。
 焼酎グラス。

 使いやすいので、つい薦めてしまいます。
 持ちやすい、飾ってもかっこいい、使い勝手がいい。と3拍子そろっています。
 
 1つお気に入りのグラスがあると、そればっかり使ってしまっています。
 牛乳までも、焼酎グラス使用中の今日このごろです。
 結構、白と紫のコントラストがかっこいいんですよ。

 さて、タイトルの話に・・・
 華硝オリジナルランプが作品展にて公開されます。全て完成しました。
 実物は実は店頭に本日まであったのですが、梱包されてしまい、次に見られるのは、作品展にて。

 ちなみに、私の印象は「異国情緒あふれる中に江戸切子のきりりとしたいさぎよさと、灯りのやわらかさが調和したあたらしいテイスト」というものです。

 「美味しんぼ」で海原ゆーざん(でしたっけ?度忘れ~)に一発殴られるような表現力ですね。

 何がいいたいのかって、

 とにかく見て欲しい!

 というお話ですよ。

 本日はおまけ。写真の左にわずかにランプの影が・・・・。

f0088709_222927100.jpg

 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-04-03 22:29 | インテリア
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧