カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
カテゴリ:ジュエリー( 6 )
アクセサリーを選ぶ
 アクセサリーボックスを持っています。
 ベトナムの留学生の方に頂いたもので、つややかな黒い色の箱に、螺鈿の牛がかかれたものです。

 毎朝そのケースを開けて、

 今日はどのアクセサリーにエネルギーをもらおうかなあ

 と考えます。

 今日は体調不良、エネルギー不足もあって、

 20歳の誕生日に父にもらったルビーの指輪をしてきました。

 そういうこころのささえともいうべきモノというのは不思議と人から頂いたものが私の場合は多いかも。

 ジュエリーボックス・指輪・ペンダント・ボールペン・・・・

 きっと人との間にあるエピソードがそこにくわわっているからなのかな。

 今日みたいな雨の日にはこれらのモノが私を助けてくれます。

 江戸切子もどこかで助けになってるかもしれない・・・
[PR]
by littlehanashyo | 2007-04-03 10:58 | ジュエリー
完売!
 4月から開始したジュエリーですが、あっという間に完売いたしまして12月に第2弾を制作。
 12月もたった2週間で全て完売いたしました。今回は20個ほどあったのですが、早かったですね・・・。
 第3弾に関しましてはHPにてお知らせいたします。

 クリスマスシーズンになると雑誌でもジュエリー特集が組まれますが、(自分にごほうびですね、もっぱら私は)どの雑誌も同じブランドのものしか取り上げていないのは残念。

 私も好きです。グッチのリングを買おうかなあと迷っているし。
 だけど、人と同じものをもって安心。よかった。といったチープなおしゃれ感は持ちたくない。

 この間、バーバリーブルーレーベルで買ったばっかりのスカートをはいていたら、たまたま同じスカートをはいている人と隣あってしまい、すごく気まずいと思いをしてしまいました。まるで、双子ちゃん。お互いいやだったなあ。

 気に入っていただけにショックな出来事でした。
 それ以来、そのスカートをはくのがちょっと怖くなっています。

 ほんとうにすごい偶然だけれども、ブランド物はそのような可能性を持っているもんなんですよね、日本では。

 だからというわけではないけれど、ジュエリーだけは、江戸切子のものを使用しています。小さい頃からなじんでいるゆえに、やっぱりしやすい。

 そいういう自分がよく理解できるものを探すことの大切さを最近学ぶようになりました。

 第3弾をお楽しみに!
[PR]
by littlehanashyo | 2006-12-16 14:45 | ジュエリー
世界で一つだけのもの
 インターネット普及のおかげで情報は自分の周りにたくさんある。
 だからこそかもしれないけれど、世界で一つしかないものに価値観を感じるようになりました。

 江戸切子のジュエリーもその一つ。
 私のためだけのもの。同じものはない。

 無数に情報はあるけれど、かけがえのないものというのはその人にとって本当に大切なもの。
 流れていく情報の中で自分が大切だと思える情報を見つける力がこれから必要なのだと思っています。
 
 
[PR]
by littlehanashyo | 2006-10-08 21:34 | ジュエリー
ガラスのジュエリー
 夏の終わり、秋の始まりがミックスされた季節。
 何を着たらいいか迷うけれども、夏と秋のバランスを考えたファッションもできるから楽しい時でもあります。

 今日は暑いから、夏8:秋2にしようかな・・・など。

 ガラスのジュエリーは夏もいいけれど、これからの深みのある秋の服や、凛とした冬の服にもすごく似合う。

 黒いタートルネックのセーターに、はっきりとしたグリーンのもの。
 
 白い清潔感のあるシャツには、深い青はとても映える。

 赤いジュエリーはどんなファッションでも似合う。
 おすすめは、胸元のあいた黒いシルクのスーツに、きらりと光らせてみる。
 黒い髪のアジア女性にしか似合わない着こなし。

 前にでかけたときに、赤いジュエリーをしていったら、お店の店員さんが
 「和風で素敵ですね」と言ってくれました。

 自分に似合うもの探しの中に、私は「アジア人である」ということをこれからは考えてみたいと思っています。

 正直、江戸切子のジュエリーは貫禄があります。
 まだまだ私には似合わない・・・のかなと思うくらいの存在感と魂のオーラがあります。

 人の手のつくる精密な、だけど、ゆがみや非バランスに面白みを感じるような人になったら、似合うようになる気がしています。

 そういう意味でガラスの仕事は面白い。
f0088709_1035486.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2006-09-16 10:36 | ジュエリー
自分だけのジュエリー
 ブランドモノ好きです。私の中でのマイブームがあり、バックでいうなら、
 コーチ → グッチ → ディオール → ケイト・スペード というのが、ここ何年間かのブームです。
 今は、いわゆるエディターズバック(というらしいんですが・・・)にはまっており、それは仕事にいくときにとにかく道具が多いから、いっぱい入るバックが必要なんだよ・・・ということで、ケイト・スペード愛用です。
 現在狙ってるのは、ママじゃないけど、ママバック。
 ママの持ち物が入るくらいのビックでかっこいいバックがほしいのです。

 と書いているように、好きなんですよ。ブランドもの。
 でも、電車に乗ったときに、同じバック持っている人に会ってしまうと気まずかったり、友達とおでかけで一緒のバック持ってきてしまったり・・・という経験もあって、なんだかなーと思うときがあるわけですよ。
 なんだか、みんなが持ってるから私も持ってる。
 まるで学校の指定カバン状態・・・は、いやなんですよ~

 というお話からというわけではないのですが、

 江戸切子の華硝オリジナルジュエリーは世界に一つだけしかないものを創ろう!

 というコンセプトで創っています。
  
 だから数もできないし、いつできるかもわからない・・・知っている人だけが知っているナゾのジュエリー。
 
 ちょっとかっこよくないですか!!

 HPにて情報はお知らせしますので、興味がある方はたまにHPにお立ち寄りくださいませ。

 写真はお嫁入りがご決定のジュエリーちゃんです。
 (出来上がったその場でお嫁入り決定!)
 
 ブラット・ピットにしてもらいたい!もしくは、パク・ヨンハに!
 とは、私の超個人的な一人意見でございます。
f0088709_18463062.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2006-05-13 18:50 | ジュエリー
江戸切子のジュエリー
 私がイギリスにいた頃の話。(唯一行ったヨーロッパ!)

 語学学校には、南米やアジアやヨーロッパでも英語圏でない人たちがたくさんいました。
 制服じゃないから私服で来るのだけど、(ちなみに高校生くらいの子どもたちです)
 
 男の子のほとんどがアクセサリーをしてたなあ

 と、ふと思いだしました。日本でも最近の男子(この呼び名が好き!)はおしゃれさんで、
結構、アクセサリーを上手にしてる気がする・・・。

 だからなのか、江戸切子のジュエリーは男子にも人気があります。 
 和風のような洋風のようで、オリエンタルなイメージだから、アジア系男子の肌の色に合うのかもしれない。

 男子のジュエリーって、シルバー系のごっついのとか、ターコイズとか、ロッキンなイメージしかなかったけれど、ガラスのクールで涼やかなジャパニーズなものもこれからはありじゃないかなあ。

 おしゃれさんはいち早くGETすべし。(といいながらも、すいません。現在品切れ中です。)
[PR]
by littlehanashyo | 2006-05-07 15:59 | ジュエリー
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧