カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
江戸切子~江東区亀戸の地場産業から世界へ
 もうすぐスカイツリーが開業ということで

 「亀戸」って観光地なんだなあと実感がわいてきました。

 スカイツリーにともなった「亀戸」の取材で、

 雑誌やテレビで弊社を取り上げていただく機会が増え、ありがたいことです。

 先日も「週刊 現代」のスカイツリー観光マップに掲載していただきましたところ、

 地方の方からの問い合わせが相次ぎました。

 今、スカイツリーのデザインのあらゆるところに

 江戸切子

 が使われている関係で、「江戸切子」という言葉がメジャーになってるってことですね。

 江戸切子はもともとは

 江東区亀戸の地場産業です。

 小さな河川が多い地域に硝子関連の工業が多く、

 (むかしは運河で原材料を運んでいたためです)

 亀戸は河川が多く、うってつけだったようです。

 残念ながら、現在はとても少なくなってますが、弊社はおかげさまで

 亀戸に68年間、硝子の工房として、さまざまな作品づくりに励むことができております。

 以前にあるメディアの取材で

 「下町の芸術作品」と評していただいたことがありますが、

 亀戸の地域で、小さな美術館のようなお店を構えています。

 私たちの目標は

 各国に華硝の作品のファンができればいいなという願いです。

 亀戸に実際に詣でたいと思っていただければ、亀戸という地域が

 世界的になるかもしれない・・・。(ベネチアガラスで有名なイタリアのムラノ島みたいに)

 これからスカイツリーができて、江戸切子が有名になるチャンスができ、本当によかったと思っています。
 
 
 
[PR]
by littlehanashyo | 2012-05-09 10:37 | 江戸切子
<< ちいさな未来会議 スカイツリーの江戸切子デザイン... >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧