カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
つくり手重視社会へ
 技術に対しての危機感、尊敬

 そういったものがとても忘れされられているのが昨今の日本だと思います。

 伝統工芸は衰退産業

 というのは現状で、

 はっきりいえば「売れないものをつくっているから」ということがありますが、

 消費者が価格にばかり重点をおいていれば

 おのずと

 どうしても

 品質の向上

 は難しくなります。

 で・・・解決策はといえば、

 つくり手が

 価格なんてなんのその!どうしてもこれが欲しい!!

 と強く思わせるものをつくらなくてはならない。

 それから、

 たくさんできるもの

 でないものへリスペクトできる価値観を大切にしなければならない。

 たくさんできる=誰でもつくれる=価格競争へ

 という図式なのだから、

 死守すべき部分は品質であるべきだと思う。

 もちろんデザインという部分も大切なんですが、

 私は日本がデザインで食べていくよりも

 技術の国日本であるほうが

 国のブランドイメージとしても、文化性としても、器用さ勤勉さといった民族性にしても

 ふさわいいのでは?と思うからです。(個人的意見ですが)

 ここに何度も書いている

 私の大好きな

 「ハゲタカ」の最後の話が好きで、

 技術が米国に目をつけられお金で買われるかもしれない

 というシーンで、

 技術を会社のために守る従業員たちの姿が忘れられません。

 伝統工芸だけでなく、

 ものをつくることを実現できる人たちが自分で自信を持って仕事できる社会にしたいと

 一市民ながら常に思っています。

 「下請」なんて簡単な言葉ではなくて、そこには

 技術を大切にする人たちが一人一人働いているのだ

 ということを伝えていきたいと思っています。
[PR]
by littlehanashyo | 2010-09-23 15:34 | 江戸切子
<< 漫画の日々 twitterでの出会い >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧