カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
江戸切子とお菓子
 展示会では今回も江戸切子にお菓子を・・・という展示をしました。

 18日のみだったのですが、

 お花が咲いたようなイメージで、

 洋菓子と切子もすごく合うなあと実感しました。

 私は以前からお菓子の世界との連携をしたいなあと思っていて、

 すごく感性のあった方と一緒にお菓子の華やかさと華硝の華やかさで、

 現代の華

 をつくりたいと思っていて、

 もしどなたかチャレンジしたいと思っていたらぜひぜひお声をかけてください!

 弊社では

 「和=日本テイスト=和菓子」といった考え方はぜんぜんしていなくて

 日本人がつくるものは「和」なんだ!」という考え方なんで

 洋菓子だから(料理もそうですが)「和」じゃない・・・というのではなくて、

 たとえばむちゃくちゃ繊細な形や味わいだったら、洋菓子とか和菓子とかではなくて、

 それは個人の技術やセンスの問題で、

 そういうすごい人と共にそれが日本人であれば、日本のすごさを一緒に表現していこうよ

 という考え方でいます。

 大人気だったのは抹茶のケーキで、
 切子の色合いとも合っていて、
 やっぱり、

 色彩に関しては日本的なもの同士のほうがすんなりいくのかな

 とも思いましたが、

 紅色とかはビビッドな色合いのお菓子も合うと思うんですよね。

 
f0088709_1620626.jpg
f0088709_1620359.jpg
f0088709_16212218.jpg


 
f0088709_16232165.jpg

[PR]
by littlehanashyo | 2010-04-25 16:21 | 江戸切子
<< ぺ・ヨンジュン氏への江戸切子の贈呈 展示会終了報告① >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧