カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
東京都いう都市の魅力
 2007年度に

 「地域資源事業活用計画」という、地域資源を用いて地域の経済を活性化させよう!

 という経済産業省の取り組みに

 東京都第一号として認定を受けているのですが、

 昨日、東京都の事業者さんのみの交流会がありました。

 認定は他にも農商工連携などの方もいらっしゃって、

 「こんなにも事業があるんだなあ」と実感しました。

 雑多のところが東京の良さだと私は思っています。

 伝統工芸も国の認定を受けている工芸品210目のうち

 13目が東京。

 どうしても工芸というと地方のほうがイメージしやすいのですが、実は東京はとても多い。

 逆に多いが故に

 ブランディングができない。

 でも、その「できなさ」が実は東京の魅力なのでは?

 と最近思うようになりました。

 そもそも江戸時代も、武士の消費生活のための製品をつくっていたのが江戸の職人であり、

 江戸という都市の機能自体、

 政治・経済・文化・外交(まあ厳密には長崎なんでしょうが)


 といったすべてのものをひっくるめて成り立っていた場所であり、

 その経緯を持つ東京なのだから、

 その「MIX」した形が東京というブランドなのだと思っています。

 またその雑多性をどのようにでも表現できるのが東京で、

 私としては「自由」で、でも自分で自分の判断で生きていかなければ楽しさのわからない都市

 というのが「東京」の位置づけで、

 非常に知的な技術をもたければ、アクセス不能な都市

 と考えています。

 江戸切子の仕事につくまでは、東京のことも、考えたことがありませんでしたが

 東京にいる人みんなで考えると面白くなるような予感がしています。
[PR]
by littlehanashyo | 2010-01-27 14:41 | 江戸切子
<< STORYに掲載されました 龍馬伝のドラマと江戸という都市機能 >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧