カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
江戸切子イベントの詳細①
 昨日の続き。

 10月11日・12日のイベント(表参道RIN 3F) は

 11時から17時半まで。

 入場無料。

 普段、華硝では見ることのできない

 江戸切子のデザインの解説や、作り方も説明。
 
 そして!!

 今回は協力企業が2つ。

 本日の紹介は

 長野県飯山市にあります内山紙協同組合さん。

 雪ざらしという雪にさらすことで

 丈夫でどこまでも白い和紙を制作。

 その白さがダイヤモンドのようということで、

 「紙のダイヤモンド」という作品展開をしています。

 そのダイヤモンドのように美しい和紙と

 柔らかい江戸切子の展示を一緒に!ということで、

 2日のみの展示作品が登場します。

 どうなるのかとても楽しみです。

 というのも、実は制作者の方とはメールのやりとりのみ。

 作品を拝見させていただいただけで、

 私が「お願します!」と頼んだところ、「ぜひ」とお返事をいただき、

 現在はメールのみのやりとりで、進んでいます。

 ネット社会はすごい!

 遠距離の職人さんともやりとりができる。

 そして作品を制作できる。

 このようなバーチャルなものづくりってきっと、今までには一度もないと思う。

 メールのこうしたやりとりのみで

 できあがる作品って、どんなものができるんだろう?

 いくらダヴィンチがすごいからって、

 会ったことのない人とコラボレーションなんて想像したことがないはず・・・。

 そういった、距離感・メールでの交流の深まりなども作品には表現されるのでは?

 と思っています。

 明日はもう一つの事業者さんのご紹介です。

 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-09-29 17:01 | 江戸切子
<< 江戸切子イベントの詳細② 専門店の時代 >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧