カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
現代のブランドの巨匠である要因とは
 去年も同じことしていたのですが

 お盆に表参道へ。お友達と。

 だって、すごくすいているから。

 人ごみが嫌なので、普段は仕事でしかいかないのですが

 この時期はとにかく、どこへもすいすい行けます。

 ブランドショップのディスプレイに「きゃあきゃあ」いいながら、

 二人ではしゃいでしまいました。

 すごく一押しは「ヴィトン」のディスプレイ。

 華やかで可愛くて、明るくてポップで、一番良かった~

 観光客もたくさん写真撮ってました。

 ヴィトンはもともと、ポップな柄も取り入れて、

 キュートさと、重厚さと

 両方備えている点で、マーケティングにたけている印象がすごくありました。

 若い人でもはいれる(お店に・・・ではなく商品として)という点で、

 使ってもらって知ってもらって・・・
 
 という

 お客様に喜んでもらってなんぼです!

 といった視点を感じます。

 私は正直バックより、靴を気に入って購入しているのですが、

 とにかく「可愛い」。

 そしてボルテージがあがる。(今月号の「GINZA」のテーマです)

 現代のブランドって、

 高貴な人へだけでなく

 民へも喜びを与えるものであるべきだ!

 と私は思っているため、ルイ・ヴィトンは「現代のブランドの巨匠」と呼んでいます。
[PR]
by littlehanashyo | 2009-08-16 13:39 | 江戸切子
<< 「三月のライオン」をすすめます! キュレーターなあなたへのイベントを >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧