カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
キュレーターなあなたへのイベントを
 昨日のブログに登場した

 「消費者ではなくてキュレーター」

 まずは、本物の伝統的な技法を

 きちんと伝えたい

 ということで、江戸切子に関しては、華硝。

 和紙に関しては専門家である大直さん。

 有田焼に関しては専門家である与山窯さん。

 専門家(しかも家業で若い人々)が自分たちで伝えたいというイベントを

 開催します。

 文化を継承するということは、文化を正しく伝えることも責任のひとつだと考えているからです。

 以下
  
 3回のイベントを


 第一弾
  9月5日(土) 山梨県の市川和紙の大直さんとの共同セミナー

  時間 11時~17時半

  場所 表参道 RIn 3F

  入場無料


  作品の展示だけれなく製品開発秘話や、伝統工芸家業ってどんなものなんだろう?

 などなどダイレクトにお話をします。

 第二弾は10月11日・12日
 第三弾は11月28日・29日

 などなど普段見ることのできない作品の展示も行います。

 詳細はブログにて随時掲載します。

 切子・和紙・焼き物につて

 本物の目を養いたい方はこの機会にぜひ!

 

 
[PR]
by littlehanashyo | 2009-08-12 11:40 | 江戸切子
<< 現代のブランドの巨匠である要因とは 日本酒を飲んでも飲まなくても知... >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧