カテゴリ
全体
江戸切子
インテリア
ジュエリー
最新のトラックバック
日本酒を飲んでも飲まなくても知っていただきたい!
 先日の展示会では

 実は

 佐渡の尾畑酒造さんの尾畑留美子さんがいらっしゃいました。

 私も実はお酒はあまり飲めないのですが、

 真野鶴はいただいております。

 女性にも飲みやすい柔らかさがあります。あと気品。

 ワインとはまた違う、日本的なしっとりとした味わいがあります。

 HPも素敵なのでぜひぜひ。

 HP

 器によってお酒の香り立ちが違うそうで、

 ワイン同様 カタチによって、このお酒が合う!とかあるらしいです。

 展示会で作品を見て「これはあのお酒にあう!」と言ったことを尾畑さんもおしゃっていました。

 器をそういう中身で変えて・・・とかって、すごい味わう側の感性を楽しめることができて

 面白いなあと。

 先日読んだ三浦展氏の「シンプル族の反乱」(だったかな。手元になくて)

 に

 「消費者ではなくキュレーター」

 という言葉があって、

 すとんと胸に落ちました。

 弊社も若いお客さんが非常に多いのですが、
 
 みなさん

 自分で探して

 自分が納得をして

 というプロセスをへて購入をしています。

 買う
 
 という行為自体に

 自分自身の感性

 を反映させているなあと思っていたのですが、

 「キュレーター」だったんですねえ。その感覚は。

 だから、きっとお酒も器も

 「有名だから買う」

 ではなくて

 「自分で見つけて買う」

 という感性を買う側も生かした買い物の仕方になるのではないか

 というように見ています。

 今までみたいに「○●だから・・・」という既成概念がすっかり破壊されていますね。若い層。

 ぜひお酒と器を楽しんでいただけるようなイベントも開催したいものです。
[PR]
by littlehanashyo | 2009-08-11 17:43 | 江戸切子
<< キュレーターなあなたへのイベントを お土産はお菓子じゃなくても >>
トップ

華硝の江戸切子について
by littlehanashyo
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧